日本のゲーム機

映画「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」を観て来ました

Category: 映画感想   Tags: ---


映画「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」を観て来ました
荒川実写化のニュースをみてから
うきうきとドラマ放送を待っていたら、

まさかの名古屋放送なし。。。


悲しい気持ちでいたまま
映画公開日が近づいてきたところで、
今年、年明け、

まさかの2夜で全10話まとめて放送という暴挙。


ホント、ありがとうございました。

おかげで強行軍でしたが
観ることができて幸せです。



で。


そのあまりの出来のよさに感嘆。



こんなに素晴らしい実写化というのは
私的には「のだめ」以来です。




こんなの観たら
絶対映画観るしかないじゃないですか。



そして映画。




映画とドラマは
実は一体のものだったんですね。




ドラマの最後があんなだったので、

ドラマで流したところはさらっといって
その続きみたいな感じになるのかな ?と予想していたのとは全然違っていて、

違う方向からみたリクといった感じ。




ドラマで、
あれ?これどういうことだろう?と思っていたところは
映画でみたら、

そうか、こういう流れか とすっきりしたし、


そして
映画の最後にはドラマのシーンもプレイバックしたりするので
映画のみでも楽しいだろうけれど

何?どういうシチュなのこれ?って思うんじゃないかな と思うと

やっぱり両方でひとつの「荒川」の世界なんだなと思う。



ストーリーは完全オリジナルですよね。


でも
それがまた素敵。



けども
設定までもが
かなり大きく違っていたのか ということが映画観て判明。



村長が。。。




あれは、なんでしょうか。




実は原作の荒川は半分くらいしか読んでないけど
その後の荒川にあんな展開はない。。。よね。



小栗くんということで
ああなったのかしら。



原作村長を思うとなしなんだけれど、



おぐりんのあのシーンは
超かっこよかった。


あ。
いや、小栗くんがじゃなくって
シチュエーションが。

かっこいいー!!!と
心で絶叫しました。


あれは良かったなあ。



続編とかちょっとみたくなる素敵な展開でありました♪




もう、これはね
荒川の漫画。
残り半分も読まなきゃなあと


今、読みたくてたまらない。





関連記事

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

Hysteric・D・Band第二回公演「神様の観覧車」 | Home | 「女たちの忠臣蔵」大阪公演を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ