日本のゲーム機

X-QUEST「七人の白雪姫~同時上演 七人の桃太郎~」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: X-QUEST  野地春秋  高田淳  塩崎こうせい  荻窪えき  佐藤仁美  

X-QUEST 2012 SPRING PERFORMANCE
「七人の白雪姫~同時上演 七人の桃太郎~」
3月24日昼公演を観て来ました
なんだかいっぱい人がいる。。
と圧倒されて

なんだかよくわからないはじまりから

なんだかよくわからない展開で


なんだかよくわからないけど
野地さんが登場。



うわ
もう かっこいいじゃない。



けど
何が起こってるの???




という謎は
物語が進むと
分かってくるんだけれど、




そんな


何が起こっているのか
ということよりも

その空間にいることが楽しい。





なんか
凝り固まった思考が
ぶわっと広げられて
解体される感じがたまらない。





そして
高田淳くんは
どうしてあんなに可愛いんだろうか。



塩崎さんは
どうしてあんなにかっこいいんだろうか。





塩崎さんに目が惹かれつつも
野地さんも観ていたいという。。



でもって
今日もえきさんは可愛い♪




ただ、
実はひとつ気付いたことがある。



私、
おかっぱの女の子というものが
ものすごく好きなんですよね。



なんなら
おかっぱなら誰でも可愛く思えちゃうんじゃないだろうか
というくらいに

きゅーんとくる可愛い子は
おかっぱなんだよね。


あー。
えきさんおかっぱだなあ。




まあ
そんな嗜好はいっか。


とにもかくにも
かわいいえきさんが観れてうれしい。





佐藤仁美さんもおきれいでした。


特に
フードかぶってるときの
おきれいさには
きゃああああ と心中ときめきでいっぱいです。






フードはいいね。

かぶってないときと
かぶってるときの印象が
すごく変わるところが素敵だね。





今回のお衣裳は
皆さんフードで
そういう意味でも 素敵な空間でしたあ。







いっぱい野地さんが堪能できる幸せもありますしね。





野地さん
やっぱり
動きに華があると思うんですよね。




最初の
よく分からないシーンのアクション。


身体を動かすたびに
あまりに素敵な動作でどきどきしてしまいます。




みなさんそれぞれ
違った印象のアクションなので
みどころ満載。。。


というか
どこみたらいいのー。と
いつもきょろきょろしたかったり

そこだけみていたかったり

いっぱいいっぱいです。




最後にいくにつれて
ばらばらの物語にみえたのが
少しずつつながりそうで
つながらなさそうで、



順序だてたら
きれいに収まるかもしれないけど
(収まらないかもしれないけど)

でも
ばらばらのまま
そのまま頭にしまっておきたい感じ。



楽しい気持ちも
きゅんきゅんしたのも
泣きそうになったのも
ときめいたのも
元気がでたのも


ぐっちゃぐちゃのまま
しまっておきたい感じ。








さて
次回は
ムサ×コジハイパー。。。?って
そんなの
絶対観たいじゃない。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

ウィーン・ミュージカルコンサートを観て来ました | Home | 「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ