日本のゲーム機

ウィーン・ミュージカルコンサートを観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: エリザベート  モーツァルト  

ウィーン・ミュージカルコンサート
「M.クンツェ&S.リーヴァイの世界~2nd Season~」
3月18日名古屋公演を観て来ました(聴いてきました?)
ウィーンコンが17日、18日名古屋で、

なのに、
早々に17日は
浅沼さん作演のペルソナ4(サンシャイン劇場)のチケットを取っていたので、

行けるとしたら18日のみ。



だけど
18日。。。発売初日にチケ完売で取れず、
泣く泣くあきらめるしかないか と思っていたところ、

都合が悪くなった方からチケット譲って頂けて、
行くことが出来ました!



なんか、最近こういう失敗多い。
なんでこの日にチケット取っちゃたんだろう。
こっちにしとけば、これ観れるのに!みたいな、ね。


しかし
改善しようがないからねえ 仕方ない。
運よくいけるように祈るしかありませんね。



で、運よく観れて
感謝感謝でございます。




前半は、レベッカ、MAだったので
どちらも観たことがないので
素敵な歌だな と思うにとどまりましたが、


後半のモーツァルトとエリザベートは
めちゃ楽しませて頂きました。


でもねえ。
パンフは全ステージ共通パンフなので、
スペシャルバージョンのみの曲もプログラムに含んでいて、

SPバージョン、かなり観たくなりました。


育くんルキーニでミルク。。。

観たいーーーー。



DVDか。
やっぱ買うか。





チョッピリ・オツムに・チョッピリ・ハートに も
井上くんシカネーダを拝見できたわけですが、

クリエでの育くんシカネーダも観たかった。。。



井上くんのシカネーダは
とにかく可愛かったです。


育くんシカネーダもおそらくは
負けずに可愛いでしょうと想像はしておりますがね。



井上くんのシカネーダは
想像では、もうちょっと大人っぽい印象もあったのですが
当日は予想よりも全然可愛くって、
ちょっとイメージが幼い方面に修正されました。


もしかすると
これは、
この日 初めて、

井上くんの入り待ち風景を拝見した。。というのか
入りをみて、

間近で見ると、なんて整ったお顔立ちの
可愛い人なんだろう と思った印象のままでステージ観たからかもしれませんね。



皆さん、どこから情報仕入れるのか分かりませんが、
開演30分前に中日劇場の1階に大勢人がいらっしゃって、

どうやら井上くんの入り待ちらしいとのこと。
で、待つ間もなく井上くんがいらっしゃって、

待ってるファンの人たち、一人一人の前を
一人一人と握手しながらゆっくりと回っていくのを観て、



すごく丁寧でファンを大切にされている方なんだなと
なんか こう
観ていて楽しかったです。



せっかくだから
握手してもらえばよかったなあ とちょっと後悔。


なんか、ずっと待っている人に交じって
握手してもらうのは なんか申し訳ない気がしちゃって、
遠慮しちゃったんですよね。。。



中日劇場で、井上くん出演の舞台の時は
帰りに井上くんの出待ちの列をみながら帰っておりましたので、


入り待ちでしたが
体験(?)できて、

この時点でなんか ひとイベント終わった気持ちになってしまいました。






話しをコンサートに戻しまして、




エリザベートもモーツァルトも
好きな曲ばかりなので、

どの曲も楽しくって、楽しくって。


禅さんレオポルトでの心を鉄に閉じ込めてとか、
土井さんの星から降る金とか、

井上シカネーダでのチョッピリ…もですが、

ミュージカルでは観たことない方が歌ってらっしゃるのを観れたのは
すごく楽しいし、


大好きな
井上くんの僕ミュとか
山口さんの神よ、何故許されるとか

そして、なんといっても
一番好きな曲は ミルク。



たっぷり聴けてすごく贅沢な気持ち…なんだけど、

欲をいえば
も ちょっと禅さんの歌聞きたかったなあ。



んー。次、禅さん観れるのはエリザベートか。
名古屋は8月だから まだまだ先なんだけど。。。


帝劇。。。都合があえば行きたいなあ やっぱり。




関連記事
「少年ハリウッド」を観て来ました | Home | X-QUEST「七人の白雪姫~同時上演 七人の桃太郎~」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ