日本のゲーム機

スタジオライフ「OZ-オズ-」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: スタジオライフ  及川健  松本慎也  

スタジオライフ「OZ-オズ-」
 3月20日名古屋公演を観て来ました
名古屋公演は1回のみのステージ。
オミクロンです。



及川くんファンとしては
及川フィリシアが観れてうれしいけれど

及川子供リオンも観たかったなあ。と
終演後に思いましたね。

やっぱり。









スタジオライフを初めて観たのは
フルバ名古屋公演でした。


フルバは読んでいたものの
当時はちゃんと予習していかなきゃ と
読み直して、公演に臨んだんですよね。



で、
それから月日は流れて
今回OZ。


こちらも漫画原作なわけなんですが、
今回はまったく予習なしで観に行きました。





スタジオライフなら
予習なしでも大丈夫だろうという気持ちです。



全部が理解できたかといえば
あれ?この場面なんで突然 どうしてこうなった?みたいな

主に、ムトーとフィリシアの再開の場面が唐突で
ん?

と思ったりはしたんですが、


原作読んでないので
その部分、漫画では どう処理されているのか分からないけれど、

限られた時間の中で観るお芝居としては
その端折り方というのか

切り取り方がすごくテンポよく
良かったなあ と思いました。


予習しなかったので
フィリシアの飛び降りるシーンは
突然の展開に
ずきゅん と
もう 驚きと ときめきが一気にやってきました。




長いお話なので
あらすじ追ってるような気持になる瞬間もあったんですが、

(たぶん私 最近分かってきたのは
 こういう壮大なストーリーはあらすじ追ってる気分になりがちなんだな と)



だけど
松本慎也くんのムトーのかっこよさだったり、
曽世さんの1019の佇まいだったり、
及川くんのフィリシアの可愛さだったりに

見惚れたり
翻弄されたりで

その瞬間 瞬間
どっぷり楽しませてもらいました。



松本慎也くんは
女性役か
または女性的な役しか観たことがなかったので

ムトーというキャラクターを演じているのに
まずは驚き。



こんなにかっこいい男性が出来るんじゃない!


って、よく考えたら松本くんって
身体鍛えるのが趣味だったような?


だから、やっぱり
身のこなしとかが様になっているのかもしれないですね。




で、ゼータのムトーは竜星くん。
オミクロンでは秘書役でしたが、

こちらもきれいなお顔立ちで
女優でいけそうな雰囲気の役者さん。



ということは
漫画のムトーは
そういう雰囲気のキャラクターなのかな?
と絵すら知らないもので
想像を膨らませております。





林修司くんのリオン。

個人的には
リオンとフィリシアの二人のシーンとか(漫画にあるのかどうか知りませんが)
もっと観たかったなあ。



というか、
仲良い二人を観てみたかった。








フィリシア。
ラストシーン観た時に

それまでのシーンが回想シーンのように思えて、


なんていうのか

物語の最後 というよりは



物語の始まりにあたって、
その前の物語の回想シーンを観ていたんだ というような

今までのフィリシアが
そこに全部集約されているような

そんな不思議な気持ちになりました。



すごく輝いているフィリシアで、

すごく心に残っています。









そういえば
今回も入場時にチラシをもらいそびれました。

ライフの名古屋公演は
今のところ50%の確率でもらえてません。



なので、アンケートもかけなかったし、
当日チラシも貰えなくって、
残念でした。



スタッフさんが足りてないように感じますね。





入る時貰えなかったので下さい。
ってなんだか言いづらくって、

いつもあきらめればいいか って思ってしまう。。





関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

佐野瑞樹×佐野大樹掲載「LOOK at STAR!」「BEST STAGE」 | Home | 「少年ハリウッド」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ