日本のゲーム機

「テキサス」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 湯澤幸一郎  河原雅彦  政岡泰志  

パルコプロデュース「テキサス」
 4月17日名古屋公演を観て来ました。
『久しぶりに故郷に帰ると、見知らぬ顔の友人ばかり…。』


とチラシにあったので
サスペンス的なお話なのかしら?と思っていたら、


ぜんっぜん違う(笑




始まりはちょっとそんな感じもある風だったけれど、
シュールな空気を持ったまま
はじまったかと思ったら

突然ぶったぎっての
派手なオープニングが

しかも無駄に電飾とか出てくるところが
もうサイコー。





テキサス。再演なんですよね。
初演はどんな雰囲気だったのかな。




今回は、湯澤さんご出演で、河原さん演出で、名古屋公演!ということで
おでかけいたしましたが、

あんまり予備知識なし だったので


思った以上の小劇場的空気に驚きつつも

しっかり堪能させて頂きました。




小劇場的っていうのも
人によってイメージ違うのかもしれませんが、


どこに進むのか見えないお話というのは
小劇場的だなあと感じてしまいます。



商業的な演劇って
エンディングはどうなるんだろうとかいうのはありますが
基本的にこれを目指すんだろうな とか
これを解決するんだろうな とか
なにかしらの大きなものがあって
方向性がみえてるものが多いと思うのだけれど、


テキサス。




もう どこに進むのか
というよりも 今 何が何だか
まったくみえません。




でも、最初の方は
その場その場で起こることが面白くって、
笑ってるうちに時間が進んでいて、


ふと、ある程度お話が進んでいったところで

あれ?これどこに向かってるんだろう と不思議に思えてくる。



こういう掴みどころがみつけにくいお芝居って
やっぱり商業演劇でやるのは難しいだろうな と思ってしまいますが、


だけど
たまにみるとうきうき楽しい。。。


っていうのとも違うかな


方向性が見えないから
ちょっと不安も感じるんだけれど、



次々起こることが全部新鮮で
びっくりして、


物語をみている というよりは
物語を体験している って感じ。




河原さんの演出って
登場人物 一人一人の佇まいがすごくリアル。



リアルっていっても

どのキャラクターも
めったにいないような

もしくは 絶対にいないようなキャラばかりなんですけど、


そこに生きてる感じがすごくするんですよね。



河原さん。
ご出演もされていますが、

ああいうヤクザな役。というか上からな役。
ホント似合うな あの人。


声がすごく好きです。





湯澤さんはかなり後半にしか出て来ませんが
 
 あ オープニングは出てますね。

そこまで
村の人々の噂話で
そんな変な人いるのか と思ったまんまの人が登場して、
しかも不自然なく。

かなり いいキャラで楽しい。


ちょっとマグダラのフッキーを思い出したなあ。




政岡泰志さんは、
もう、沼田役。

彼しか考えられないですね。


気持ち悪さと可愛さとかっこよさが
絶妙にブレンドされてると思うの。



初演に引き続き沼田役 なんですよね。



もしも次があったとしても
この役だけは
他の人がやるところを想像できない。




不思議な雰囲気の空間の中にあって
更に不思議な立ち位置 なのに なじんでるところが素晴らしい。





そういえば
マサルが服を脱いだ時に
あまりにいいカラダだったので、

えー もっとへしょいカラダの方がマサルっぽいんじゃないのかな
いいカラダすぎるよ と思ったんですが、

まさかそのあと、そのいいカラダ故に
あの展開にすごい説得力が生まれるとは。。。


あれ込みの演出なの?







全体的にそこはかとはく漂う気持ち悪さ。。

っていうか、
このお話。

小説とかでみたら

 もちろん文体にもよりますけども

相当グロイですよね。



お話のすじを誰かに話したとしたら
たぶん結構なグロイ話として伝わると思いますもの。


なのに
一見グロイように感じなくって

さらっと流して笑える空気が素敵です。





グロイことが起こっているのに
キャラみんなが
すごい のほほんとしているからなのかな?





関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

大野智くん主演「鍵のかかった部屋」 | Home | 佐野瑞樹くん写真掲載「月刊Songs 5月号」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ