日本のゲーム機

大野智くん主演「鍵のかかった部屋」

Category: ドラマ感想   Tags: ---


大野智くん主演のドラマ
 「鍵のかかった部屋」。

第一話よかった~♪
鍵のかかった部屋は、
ドラマ制作が発表された時点で、

防犯オタクってなんてそそるキャラだろうと
魅かれ、


んで、
ちょうどその時、私の周りはプチ貴志祐介ブームだったので、


そんなそそる探偵役のミステリならば
小説で先に読んどきたい!と

一気読み。



で、
あ、
ドラマと小説って
キャラの基本設定が違うんだ と気付き

 小説は「警備会社所属の防犯オタク」ではなく、
 「防犯グッズ店経営の防犯コンサルタント」

そして、
その小説での榎本径にだだはまり。



かなりツボなキャラクターで
いい具合にめろめろ。




で、小説はまりのあとに
改めてドラマ設定見直して、

あまりの違いに愕然。



ドラマ制作知ってから小説読んだくせに、

小説読んだあとは、ドラマの設定に不安を抱いているという(笑




けど
そこではたと気づく。



たしかに小説とは違うけど
防犯オタクなんだよ と。




うーん。
そうか それはやっぱり面白いだろうなー。



というね


期待と不安がぐちゃまぜの状態でのドラマ視聴開始でございましたが、




すごい良かった。





もう小説とは全く違うが
ドラマの榎本径にもはまりましたね。完全。




そして、
ミニチュア制作している身 ということもあり、
余計魅かれている というのもあるでしょうけども



謎解きアイテムとして登場する
密室現場の模型が素敵すぎる。


というか
その模型を覗き込む榎本とか青砥さんとかの「画」が
アリスみたいですごく可愛い。




この演出みて

なんで私はこれ録画してないんだよーと
すごい悔しい気持ちになりましたよ。



全話保存でしょう。こんなん絶対。




ミステリではあるけれど、

謎解きよりもキャラに重点置いてるところが
私が楽しめた点ではあるんだけれど、



小説読んでない
初見の人は
謎解きがわかりづらかったんじゃないかなあ。




「画」でみるよりも「文」のがわかりやすいだろうな というのもあるし、
ちょっとはしょってる部分があるせいでもあるし、



だから
ミステリとして
ちょっと…かもしれないんだけど、


ドラマとしては
好き。





小説の榎本は
密室をくずすだけしかしないと言いつつも
犯人特定になんだかんだで手を出していくのが
好ましくもあり、
うーんな点でもあるので


ドラマ第一話での
密室くずしのみでスイッチオフになる榎本には
胸きゅんでした。





あ、あと
単純にあのメガネの外見がすごく好きです(笑







関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

SCANP旗揚げ公演「リバースヒストリカ」 | Home | 「テキサス」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ