日本のゲーム機

ミュージカル「道化の瞳」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 屋良朝幸  小西遼生  佐々木喜英  玉野和紀  小堺一機  

ミュージカル「道化の瞳」
 4月26日名古屋公演を観て来ました

ネタバレ注意でお願いいたします。
観れて良かった。





遼生くん出演の「道化の瞳」
名古屋公演あるんだったら行こうかなーと
軽い気持ちでチケット取ったけど



観れてとても幸せ。




ラストは
もう涙でぐっしゃぐしゃで観てました。




玉野さんのオリジナルミュージカル。ということで、

とても日本っぽいなあと思いながら
各所観ておりました。



とくに
NK細胞のくだりは
すごく日本的(笑



すごく笑った。
楽しかった。




そして
昔勉強したなあ とちょっと懐かしくもありました。






ああいうものを随所に盛り込みつつ
あんな風にまとめられる玉野さんって
なんてすごいんでしょう。





そして
屋良くんがすごかった。





屋良くんは
昔、私がジャニーズJr.を熱心に観ていた頃のことしか知らないので
あんなに成長していたら
もう初めて観る人。くらい。




そんなほぼ初見の屋良くん。






凄すぎる。




あんなに踊れて、

あんなに歌えて、



なんでもっと舞台いっぱい立ってないの?





って、いっても
ジャニーズさんのチェックはしてないからなあ
ジャニーズさんの舞台に立ちっぱなのかしら?
(光ちゃんの舞台の出演情報でちらっとみた記憶くらいしかないんだけども)





ずーっと大きい舞台に立ち続けていれる人でしょう?と
とても感じて、





なんだろう
今回主演という位置づけのせいもあるかもだけど

ついつい目がいっちゃうんですよね。




で、もしも助演だとしても
さらっとこなせてしまいそうな
器用な感じもして、




もっと色んな役の屋良くんも観てみたいなと思いました。





ボディバランスがすさまじいね。




ダンスの時の
動きの安定感っていったらない!











遼生くんは
上流階級っぽい役が
なんて似合うんだろうね。





いや
これは私側の問題で
レミゼのイメージを引きずってるせいもあるのかな?


だけど
あの
すっとした立ち振る舞いが本当に素敵。




今日、気付いたのだけど
あの姿勢の良さが私が引き付けられる大きなポイントかもしれない。



立ち姿がきれいな人
とても好きです。








佐々木くんは
CLUB SEVENが初見だったので二度目かな?



可愛い人なんですね。




まだイメージがあまり掴めていないのだけれど
原田くんとのコンビがとても可愛くって
和んだ。







小堺さんを舞台で観るのは
瑞樹くんと共演された「チャーリーブラウン」以来です。




そこにいるだけで
なんだか安心できるってすごいことですよね。



素敵。









道化のショウのシーン。


ジャグリングに感動。




先日のキャラメルでもジャグリングのシーンがあり
すごく感動しましたが、




あれの何倍ものボリュームじゃないですか。



どれだけ練習したんでしょう。








あまりに素敵なミュージカルだったので
今後も再演、再再演、海外公演とか
ずーっと長く色んな人が演じて観れたらいいな と思ったんだけれど

やるとしたら
すごく大変だろうなと
特に思ったシーン。



だけど
面白さと感動が同時に起こるんだよ。





道化の衣装も素敵だったな。










笑って、
泣いて
流れるように観れたミュージカルでしたが



一か所だけちょっと気になった個所が。



健ちゃんが
人形のチャーリーに
『僕の身代わりになってよ』という場面。






ここがなんだか棘のように残ってしまっています。





子供の残酷さとか

追い詰められた気持ちとか

生きたい気持ちとか

生きなきゃいけないという気持ちとか



そういうものが表面化したセリフなのかな と解釈しているんだけれど、



だけど
チャーリーは人形だけれど
その後のストーリー。
絵本の中のお話では動いていて、


健ちゃんはチャーリーにいつも話しかけていて、



チャーリーと健ちゃんは
分身のようで、


だから
ただの人形とは思えなくて、



友達に
理不尽な言葉をいう。



そんなこともあるとは思うけど、

でも
どうしてもなんだかそこだけ浮いて感じてしまいました。





人形はもともと人間の身代わりとして存在しているという面もあるけど

というか
あるからこそ
私的にはつらいセリフだったのかもしれないですね。





やっぱり人形創作しているから
どうしても
人形に対しての気持ちの位置づけが高くなってる のは自覚してるけど


それで悲しい気持ちになってしまったのかな。












会場で、
CLUB SEVENの先行予約していましたが、
「町田慎吾出演のCLUB SEVENの先行予約をしていまーす」って
そんな呼び込み?(笑



「玉野和紀」じゃないんだ
道化に出てないまーちんで押すんだと

ちょっとびっくり。




ということは
やっぱり今日の道化は屋良くんファンがいっぱいきてた?ということなのかな。



 もちろんいっぱいきてるでしょうけど
 行くまでは、佐々木くんとか原田くんとか遼生くんとかのファンも同じく多いんだろうな
 と思っていたので、
 というか今でもそう思ってるけど
 その人たち相手にまーちんでは押さないでしょうからね。




瑞樹くんのファンではありますが
ジャニーズファンはすっかり卒業気分でした。


けど
最近まーちんとか屋良くんとか
お芝居情報が続々で、

最近出演が増えたのか
それとも
私が観る方面に出演するようになったということなのか分かりませんが、


なんか盛り上がってる感じがして
嬉しいな。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

佐野瑞樹くん掲載「BEST STAGE6月号」 | Home | SCANP旗揚げ公演「リバースヒストリカ」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ