日本のゲーム機

「Panelist Drive」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 佐野瑞樹  湯澤幸一郎  川本成  町田慎吾  郷本直也  

「Panelist Drive」
 6月2日昼夜公演
 6月3日昼夜公演を観て来ました




ネタバレ注意でお願いします。
マルチエンディングという企画のための公演だなあ。
という印象。


お芝居。
というよりも
企画もの というイメージが強い作品でした。




前半のお芝居パートは
後半にもっていく為のもの という感じでしたし、
後半も演じながらクイズで戦ってはいるけれど
お芝居…な感じでは ないですし、




という言い方しちゃうと
マイナスっぽいことになってしまいますが、



もう すごく楽しかった!




今回、石倉さんがいないけれど
真夏論メンバーでの公演第3弾ということで、


最初の「真夏論」は
4人が中心メンバーで あの人たちありきの
私生活のオタク具合を垣間見れる
楽しい舞台。


で、
(湯澤さんは名古屋公演のみ出演でしたが)
再び結集した第2弾「KEEP OUT」は

すごく楽しい舞台ではあったけど、
このメンツならでは …ではないな と思っていたんですよね。



で、
今回第3弾。パネドラ。

石倉さんいないのは残念だけれど


湯澤さんと成くんの役柄がすごいはまり役。




や、ちがうな
「はまり」役 というよりも
彼らしかできないだろう という感じ。



お二人とも
やっぱり場数をこなしていらっしゃるから?

クイズパートの
進行のすばらしさ。



成くんは日ごろからリポーターとして活躍していることもあるし

 というのは名古屋ネタかしら?

とっさの対応の早さは流石。





高城雄吾も
湯澤幸一郎さんをおいて他にあの役出来る人います?と言いたくなるくらいの存在感。






せっかくこのメンバーが集まって舞台をつくるというのなら
お芝居の中に素が垣間見えるようなものがいいなあ と思いました。


そうじゃないのは
別の機会にみるからいいの。





瑞樹くんは役柄的には
いつもの感じからは異色 な感じではあったけれど、

あの役を保ちながらのクイズパート。
というのが
役と素と もう色々混ざり合っていて
楽しかった。




もしも
真夏論メンバー総出演だったら
石倉さんはどんな役になっただろうか???


んと、
フロアディレクター??かな。



あ、そういえば
フロアディレクター役だった福沢さん。

追加で出演が決まったと会場に張り紙がしてありましたが、
ネットとかで出演を知っていたので

なんでわざわざ張り紙まで?
あ、チラシに書いてないからかなあ とか思っていたら
パンフにも載っていませんでした。



あ、本当に追加で出演が決まったんですね。
追加っていっても
最後に決まった くらいの追加かと思っていたので
ちょっとびっくり。



 Twitterにて、石倉さんがクイズのナレーションをされていると
 教えて頂きました。

 なるほど
 どこかに参加されている と聞いてはいましたが
 そこでしたか。

 で、パンフレットを再度確認したところ
 番組ナレーション:石倉良信 とお名前発見。

 そしてその下に フロアディレクター役:福澤重文 という記載も発見。


 今回、パンフは最初にばーっとみただけで
 まだじっくり見てなかったんですよね。。。

 お稽古写真に福澤さんもいっぱい写ってるじゃん というのを
 今 確認しました。

 うかつで申し訳ない。




1回目に観たときは
福沢さんがクイズパートで登場して、

あ、そういや出演するんだった。
とか のんきに思って
楽しく拍手なんかしていましたが、



2回目に観たときは
ちょっとだけ
スプートニクの活動休止発表後、初めて福沢さんみてるんだなと
ちょっとだけだけど
しんみりした気持ちも湧き上がりました。









前半のお芝居パートももちろん見どころいっぱいなんだけど
やっぱり今回はどうしたってクイズパートに目が行きます。




えと
私の観た回。
瑞樹くん演じる研一が3回優勝。


で、ジョーカーことお客様が1回優勝。



うー
まーちん演じる修二優勝も観たかったなあ。




全体通して
修二優勝は1回だったそうなので
ご覧になった方はレアでしたね。


けどもDVD収録されるということですので
DVDで観れることを楽しみにしております。







2日の昼夜公演は
両方とも
最初にジョーカーが脱落して
兄弟でファイナルステージの回だったので

細かい分岐にあまり気がいかなかったのだけれど、


3日の昼公演で
研一が脱落して
ファイナルステージがジョーカーVS修二になったことで
研一退場前に修二とのやりとりがあることに気づきました。



そか
どの二人でファイナルステージを争うかでも分岐があるのか



ってことで
千秋楽 最後の回は
修二エンドもみたいけれど


修二脱落だった場合のパターンも観たいと


祈りながら観戦。



だけども
修二は脱落せずにファイナルステージへ。


そうなったらもう修二エンドを祈るばかり なのですが

やっぱり ついつい瑞樹くんを応援しちゃって



間違えろ!と祈らなきゃいけないはずが
当たって!って思ってしまうんだよね。



で、
見事研一エンドでございました。





うー。
なんとか観れなかったパターン。
DVDで観れないことか。。。





ていうか今回の舞台。

想定していたけど演じなかったパターンとかってあるのかしら?




途中のクイズの勝ち負け具合で
成くん演じる司会者のセリフとかは変わっていたけど


それは 分岐 ではない気がするしなあ。




ファーストステージで
ジョーカー独走みたいな状態だったら
セカンドステージってちょっと変わったりしたんだろうか?




色々考えちゃいますね。




瑞樹くんが脱落した回。


瑞樹くんがはじめてファイナルステージを袖から観た
と言っていたので

少なくともジョーカーが最初に勝った回

 あ、ジョーカーは全体では2回勝ったそうなので

ファイナルステージは
ジョーカーVS研一だったってことだよね。



その回は。。。
DVD収録日じゃないっぽいからなあ。



それも楽しみに。
もうDVD待つしかないんだからね。 うん。








研一は
瑞樹くんの役としては珍しい雰囲気ではありますが、
メガネ姿を拝めてラッキーでした。




研一登場前のシーンで
みーちゃんがしきりに研一の顔がきれいでミラクルだって
褒めまくるから



え、このあと
瑞樹くん登場しても大丈夫だろうか と
ちょっと不安になった(笑





研一が変人なのかどうかはともかく
髪の毛を触ったり、
指を動かしたりするくせが
可愛かったし、
頭がよさげな雰囲気でした。



まあ
クイズで
研一ならそれは知ってるだろう というのを答えられなかったりするのは
ご愛嬌で。



で、
研一なら絶対知ってるだろうけど
瑞樹くん絶対知らない!っていうのを
運よく正解出来た時の
うれしそうに
まあ当然知ってましたよ という演技をするのが
また可愛かった。





修二の方は
クイズに対してそんなに制約がなさそうだけど

研一の方は
知ってるだろう問題に対してのプレッシャーは
かなり大きそうだし、

絶対研一は知らないだろう問題もあったりして
答えるのに対してちょっとハンデがあった気がしました

 が、全9公演中瑞樹6勝だから
 ちょうどよいハンデだったのかも。



ひみつのアッコちゃんの変身するアイテムは?という問題。

研一だったら絶対知らない。


なのに回答ボタンをうっかり押してしまった という演技。


アッコちゃんは女性ですよね?

女性が持っているものといえば… コンパクト?


という回答への流れは

おお がんばった!と思いましたが、




その後のスターウォーズ問題。



スターウォーズに登場する○○の騎士とは何?
(問題おぼろげです)



これは
流石に観たことないであろう研一が
ジェダイとは答えられないと

ボタン押して
色々悩んだ結果


光の騎士…。




これ
絶対瑞樹くんは知ってたと思うんだよね。




ガチクイズとはいっても
色々制約がありますね。







ところで最後まで分からなかったのが
小山内は何でお金持ち設定だったんだろうってこと。



特に意味はなかったのかもしれないけれど
瑞樹方の緒方はあの位置にいないと
エンディングであんなこと出来ないんだから


やっぱり修二方の小山内も
修二エンドでお金持ち設定が重要な役割があったりしたのかな
と ちょっと気になっています。







まーちんの演技って久々?
というより初めてかなあ?なんだけれど、

上手いねえ。


そうか こういう演技するんだなあ というのと
クイズパートでの
とっさのアドリブの弱さ(笑


困ると
全部 祈るっていうね(笑

全部シャットダウンして
当たれ!って祈っている体になるのが
可愛かった。



この演技の上手さと
アドリブの弱さをみて

こんな言い方はどうかと思うのだけど
CLUB SEVENがますます楽しみになりました。



パネドラ以降 まーちんは
舞台出ずっぱりですものね、


CLUB SEVENの頃には
また感じが変わってるんじゃないかな と
うきうき待っております。







直也くんは
髭がかっこよかったなあ。

瑞樹くんとはかなり年の差があるはずなのだけれど
髭のおかげか
同期くらいにみえましたね。




クールにみせていても
割と情にもろそうな感じが
ときめきました。




関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

浅沼晋太郎作「ナイト・オブ・ザ・リビングヒーロー」 | Home | 「燕のいる駅」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ