日本のゲーム機

Hysteric・D・Band「神様の観覧車」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: Hysterc・D・Band  渡辺啓  

Hysteric・D・Band第2回公演
 「神様の観覧車」
 6月17日公演を観て来ました


ネタバレ注意でお願いします。
ようやく。



ようやくHysteric・D・Band観ることが出来ました!





ああ 第1回公演の「コーサ・ノストラの掟」は
唯一この日しか都合つかない という日だけ完売という
悲しい出来事により観れず、

パンフだけ手にいれたけど
公演DVD発売にならないかな と心待ちにしていたのも
ようやく入手することができましたし、



やっと啓ちゃん作演のお芝居を観ることができました。




でも
今回も千秋楽しか都合つかなかったので
先行は完売で、
一般ももう無理なんじゃないかと
かなりあせったけれど

観れて良かった。




青山円形劇場も
私はじめてで、


青山円形劇場でのお芝居のDVDは結構観てるんだけれど
そこに座ったのははじめて。



席は
残念ながら
正面からみて裏ッかわより。




円形舞台といっても
一応の正面はありますからね。

しかも今回の舞台は
円形の劇場内の一角が
お家のセットになっていたので、
そのセットのすぐ脇の席で
完全に裏手。



死角も多くって、
んー あっちで今何が起こってるんだろう とか思った部分も
結構あったのですが、



だけど
あの席だったからこそ

最後の遊園地のシーン。

三ちゃんがいることにしーちゃんが
ものすごーくいい笑顔をするのが
よく観えた。



あの表情が観れただけで
あの席で良かったなあ と思えました。





表情自体がすごく優しくって暖かいこともあるんだけれど、
そこまでの間に、

三ちゃんはもしかして
しーちゃんの誕生日を今まで一緒にお祝いできてないんじゃないかと
途中でふと気づいて、


その時の三ちゃんの気持ちとか考えてたら
もう胸が張り裂けそうで、

あのしーちゃんの笑顔は
その全部を受け止めてくれた。





なんか、
このお芝居。


目の前で展開しているお芝居と
違うところに気持ちが向かう。




今の兄弟の会話から


それまでの彼らが
いっぱいいっぱい頭をよぎって、




話しが展開する度に
そして 話の展開とは関係なく

彼はこんな思いをかかえて暮らしてきたんじゃないのかな とか

目の前にはない
12年間がいっぱいいっぱいみえた。




啓ちゃんの脚本は
ヘビーな暗いところをつきつけながらも
悲しい気持ちよりも
温かい気持ちであふれていました。



私、ずっと啓ちゃんのイメージが
すごく残酷なこと というか ひどいことが考え付ける人だな と思っていて

  あ、もちろん
  別にひどいことをする人というんじゃなくって
  ダークなことを想像することが出来る人という印象で

だけど 同時に
温かさをくれる人だな というか
周りを明るくしてくれる人だな とも思っていて


私の中ではそれがあまり結びついていなくって
どちらかがイメージ間違いだろうな というか

矛盾したイメージ持ってるな 私 と思っていたんだけど


このお芝居観て
なんだかそのイメージがようやくひとつになった。




被害者側と加害者側が入れ替わったところは
本当にぞくっとした。




彼ら
どちらの彼も
これまでどんな暮らしだったのか、


この秘密をかかえていた彼も


それに気づかずにここまできた彼も



一瞬でそんなことが
頭をかけめぐった。




で、
これが啓ちゃんなんだな って思って

結構 出来事としては
最悪のこと だと思うんだけど

それでも優しいお話し。




辛い気持ちがわかるから
楽しむことが出来る じゃないけれど


マイナスへのベクトルと
プラスへのベクトルの両方が啓ちゃんにはあるんだな って


私のもってる啓ちゃんのイメージという
まあ妄想みたいなものですが

すとんと やっと腑に落ちた気持ち。







演出は
ちょっと拙く感じるところもあるんだけれど
そこもまた愛おしい。


お兄ちゃんたちが
不器用だけど
一生懸命妹を思いやる気持ちとリンクしてしまって、



結果 もう だだ泣き。




観終わった後の気持ちを
ずっと留めておきたかった。






ラストの遊園地のパレードのシーンは
とても可愛くって
とてもあたたかくって

ちょっと涙でしっかり観えなかったかもだけど

とても感動した。








コーサ・ノストラはどんなお話になってるんだろ。
はやくDVD観たい。(のに時間がつくれない。。。)











千秋楽ということでカーテンコールには啓ちゃんも登場でした


 けど前日がお誕生日だったので
 その前にもカーテンコール登場しているのかな?


啓ちゃんの登場曲…というかBGMが
MIX JUICEで懐かしかった。



しかも啓ちゃんちょっと振りしてくれたし、

恥ずかしそうに。



恥ずかしがりながら
懐かしい啓ちゃんボイスで話してくれて
すごくうれしかった。







MIX JUICE。
私もたぶんまだ踊れる(笑



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「スピリチュアルな1日」を観て来ました | Home | 映画「東京無印女子物語」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ