日本のゲーム機

「鍵のかかった部屋」

Category: ドラマ感想   Tags: 大野智  


大野智くん主演のドラマ
 「鍵のかかった部屋」


最終話終わりましたので
ネタバレ感想を
あの最後の最後!



あれ 好き。



あの最後はもう絶品だった!




…ん、だけども

逆のこといいますが、
あれだと完全に真っ黒で終わっちゃうんだよね。





という、後味はちょっと残念。





最後の榎本大勝利のような引き方はかっこいいなあ と思ったんだけど…ね。






えと
そもそも 最初、原作と榎本の設定が違うのって

やっぱ真っ黒な人物が探偵役というのが
ゴールデンタイムのドラマに不適切という判断かなって
思ってたんですよね。


でも
ドラマが進むにつれて
そういうわけでもないか って思って。




まあ 小説とドラマでは
主要人物も違うし、

話の順番も違うし、
それに伴っての設定変更もいっぱいあったろう とは思っていて、



どちらの設定も人物像も大好きなので
二度おいしくって

よいドラマだったって思うんだけれど



小説ではあれが一作目なのに
ドラマは最終話だからな 



硝子のハンマーだけは
榎本が部屋に忍び込むのが謎解明に組み込まれているから
最初に持ってきちゃうと
グレーどころじゃなくなるからね。




だからこその
あの引き方が出来たというものだけど

残念さもぬぐえないという。




何よりも
青砥さんや芹沢さんにちょっと心開いてきてたのに!

全部切り捨てか!というのが
もやもやした残念さの原因だろうなあ。





でも
最終話。

あの話だけは小説は長編だったから
前後編とはいっても
ドラマの尺で足りるんだろうか と思いながらみてて、

よくあの出来栄えにできるもんだな と
変な感心の仕方をしてたりもしてます。




そういえば
この間思ったんですが

ドラマ最終話 そして榎本シリーズ小説1作目のタイトル
「硝子のハンマー」
  


これって
まんまトリックじゃないですか。





このタイトルを付けれる精神力がかっこいい。


トリックまんまでありながら

硝子=みえない ハンマー=凶器 という意味合いにもみえるから
タイトルからトリックへの連想ができない。



よくこんなタイトル思いつくなあ
よくつけられるなあ と
ただただ感嘆。素晴らしい。






ドラマの榎本さんは
後半の芹沢さんが飲みに誘った時の
とまどった風なところにとにかく胸きゅん。



あれは よかったなあ。ホント。




でもって、
青砥さんにちょっと好意をもっている風なところも
可愛くって可愛くって。




あのメガネ姿もすごく好きで、
毎週楽しみでした。




えと
DVD情報出てないんだよね。



出ないのかなあ。


[6/26追記]
DVD発売情報あった!

 

▼嵐・大野主演『鍵のかかった部屋』続編や映画化の可能性も(オリコン)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000332-oric-ent
関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

「マグダラなマリア」第五弾 | Home | VISUALIVE「ペルソナ4」the EVOLUTION.

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ