日本のゲーム機

「ハンチョウ~警視庁安積班~」

Category: ドラマ情報   Tags: 福士誠治  


「ハンチョウ~警視庁安積班~」




今期は
ドラマかなりみたなあ。
(私比)

なまじ今野敏さんの安積班シリーズが大好きなもので

ドラマ化されたハンチョウを観て
予想はしていたものの
こんなの安積さんじゃない…という思いが強く
シリーズ4まではほぼみてられなかったんだけども


シリーズ5。
福士くんが出るっていうから

う。。。
じゃあ ちょっとだけ観てみる?とみはじめて


やっぱり
あんなん安積さんじゃない。
という思いと戦いながら毎週見続けました。



ドラマの終盤
木曜日の子供を追うにつれて
ようやく
あれは安積さんと同姓同名の別人だ と割り切れるようになってきて

最後は楽しんで
集中してドラマをみれた。。かな。


シリーズ5で安積さんが転勤したのがよかったです。
小説のキャラが安積さんしかいないので
拒否感が減りました。




うん。
これ
安積だ というのがなかったら
たぶん 普通に楽しめて


で、
ドラマの安積さんも
かっこいい人だとは思うんですよね。



ただ。。
今野敏さんの
哀愁漂う素敵なオヤジたちが大好きな者としては、


もしもドラマで安積さんにはまった人が
小説みて
安積さんのことを こんなの違う!って思ったら
安積さんが可哀想。。。。って

なんかそんな風に思っちゃって、

小説とドラマが別物なのは分かってるし
別物だからこそ楽しい部分があるんだし、

あの素敵な安積さんを実写で表現できるものか と思っているんだけど


ファンだからこそ
違うんだよ
安積さんはそんな単純なものじゃないんだよ。

もっと薄暗い思いをたくさん抱えてるんだよ。
仲間を信頼しているけど
信じてはいない(というと語弊があるかもだけど)
結構仲間の気持ちは誤解してたりするんだけど
それでも信頼している懐の深さと
小心なところが魅力なんだもん!

それをあんなかっこいいだけの人にして!

っていう反発心。

それにシリーズ5を通して
なんとか打ち勝った。




福士くんの演じた小池は
どんなキャラなのか
最初はよくつかめなくって、

でも
その
自然体でフレッシュな雰囲気が可愛かったです。




が、
一番注目してしまったのは
尾崎。




最初は
あ、かっこよさげなキャラがいるなって
だけだったのだけれど


安積さんに心を開いた瞬間に
きゅんってして、

そこからは
完全に尾崎中心にみてたような気がします(笑




次回。
シリーズ6があったら
また安積さんはどこにいくのかわからないけれど

今度は最初から反発心なくみれる…かな。
関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

「ハイスクール歌劇団☆男組」 | Home | 「三毛猫ホームズの推理」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ