日本のゲーム機

B×b「FRONT LINE mission3:Alien」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 浅沼晋太郎  伊藤マサミ  

B×b「FRONT LINE mission3:Alien」
 7月1日昼公演を観て来ました
今回の公演。

なんというか
最近席運がないなあ と思ってしまったんですが、


えと
ほぼど真ん中。


前からも後ろからも右からも左からも
ほぼど真ん中のお席で、


席表みた瞬間に
あ、これだめだ たぶん舞台見えないやって思って、


で、しかも
なんか今回男性のお客様がすごく多くって、

だからというんでもないんですが
前の席の方の背も高く。



始まる前から
もう「観る」ことはあきらめるかあ という状態。




で、
まあ 最初に日野くんが登場して
前説というか諸注意がはじまるわけですが、

日野くん。


目当ての役者さんが見えなくても
乗り出したり、頭を動かしたりすると
後ろの方も見えなくなるのでおやめください。。
すぐに舞台上で移動しますからみえるようになります。。というようなご案内を頂きましたが、


舞台の中心部分がみえない私からでは
その案内をしている日野くんが まったくみえません。



まあ そんな案内なくっても
さすがに頭動かしてみたりはしないけど


そういうなら日野くん動いてよ!と思ったことは否めない(笑




んで、前回までのフロントラインは!で
紹介される
中央に設置されたモニターに映し出される
前回までのダイジェスト映像。。。が

もちろんみえない。。。



えと
モニターの右端がかろうじてみえる感じ。



な、ものだから
物語最後、
再びモニターが登場して
何かが映し出されているのも

まったく見えなかったから!



雰囲気的に次回予告かなあ?とは思ったものの
なになになに!?って感じで、



その後
伊勢さんが
残りまだ一公演ありますから
それまでこのことは秘密にして下さい
最終公演の開演時間が情報解禁です。とおっしゃっておりましたが、

私、会場にいるのに
その秘密がなんなのかよくわからなかったんですけども。


会場の雰囲気や
その後のお芝居の様子から
次回がラストミッション????なのかなあ????というのは
おぼろげながら感じましたけど


一人で観に行ってるから
答え合わせが出来ない。



置いてかれた感じで
ちょっと寂しかった。



お芝居中も
お客さんに笑いが起きてても
みえないから わかんないし、




。。。。なんだけども


だからといって
行かなければ良かったかというと
そんなことはなく、


お芝居自体は
DVDを待って楽しみに観ようと思っていますし、

DVDだけで観るよりも
絶対会場の雰囲気を味わってからのDVD鑑賞の方が
より楽しめますから 劇場には行って良かったと思ってはいます。



浅沼さんやキャストの皆様が
シリーズで一番笑えるというようなことをつぶやいてらっしゃいましたが

ちゃんと観れた前二作と
ほとんど視界が制限されていた今作では
私的にはちょっと比べられず


ま なんで
ちょっと斜めな見方を今回はしてまして、


真ん中で踊ってるのとかも
ほとんどみえなかったので

横にいる武本をほとんど観てました(笑




基本、浅沼さんの作品は
普通にお芝居観てるので
目当てのキャストを中心に目で追ったり…はあんまりしないんですが

今回ばかりは
普通にみえないんだもん。

そりゃ もう仕方ない。

見えるところにいてくれて武本 ありがとう。




ダンス対決で、
どちらのチームにも武本が入ってない!
なんで武本だけ踊らないの?って思って武本みていたら


武本が
ずっとカメラを避けている。。



だから?

だから武本踊らないの?



なるほど とか



普通にみてても気付けたかもだけど



特に今回武本ばっかみてたので
その動き方とか
今更ながらにキャラ設定が深いかもって思って、

シリーズちょっと見返したくなりました。




ダンスもね
脇の方はみえるんですよ。


だから
中央でなんかすごい動きかなんかよくわかんないことしてるんだろうな
なところは見えないから

サイドにいる
神戸くんをみる
鳥越をみる


わあ 私のお目当てさんは
基本真ん中にいないでくれるから
なんとか見えてよかったなあ。


もうしわけないけれど
ストーリーよりも
キャラ観に来ました な気持ちに切り替えて鑑賞。




鳥越さんは
真ん中のソファーに座っていることが多いので
今回ほぼ見えず。



残念。
DVDを楽しみにしています。




神戸くんは今回メインキャラクターなので
色々動き回るし

欲を言えばもっといっぱいダンスがみたいよお と思うんだけど
それはまあ バグズ公演でみることにして、


まさかの彼女登場と
まさかのアイドル登場で

最後はしんみりもしたけれど

落ち着いて考えると
神戸くんはやっぱりしあわせものだなあって思いました。





新キャラ出口くん。

出口くんも見えやすい位置にいてくれて、

あのキャラ好き。


ひ弱いけれどずぶとい感じがたまらなく好きです。


またドアマンの制服が胸きゅんです。




そして鷲尾くん。

もともとチャボさんのなんというか
軽快な感じというか
ふわっとした感じというか

そんなとこは好きだったんですが


鷲尾くんは
輪をかけて軽いというか
動き回るというか
落ち着かないというか


目が離せない感じが
楽しかった。


一回鷲尾くんをずっと目で追うとかしたい。





終演後、武本が
客室から持ち出したスリッパと
イさんTシャツを
それぞれ武本とイさんが売っておりました。




終演後、すぐに会場を出たのに
二人はもう物販にいて
なんてすばやい!と驚きでした。



イさんもだけど、
武本が、
マサミくんじゃなくって
ホント、武本で、
スリッパもどんどん売れてしまったみたいですねえ。




とりあえず
近くで武本みれて良かった♪






まあ 席はこんなこともありますね。


この間のスタジオライフに続いての
ど真ん中席だったので

もっと段差がある劇場ならよかったんですけど

ちょっと悲しくはありましたが、


その代り
もっと良席のときだってあるんだから

こんなこともあるさ

DVD出る公演で良かった と思って
また次を楽しみにしよう。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

音楽劇「リンダリンダ」を観て来ました | Home | 「ハイスクール歌劇団☆男組」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ