日本のゲーム機

ミュージカル「エリザベート」8月18日マチネを観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: エリザベート  石川禅  石丸幹二  平方元基  

ミュージカル「エリザベート」
 8月18日マチネを観て来ました
本日は、
瀬奈エリザ、石丸トート、石川フランツ
そして、初めての
平方ルドと加藤子ルドです。




ああ、もう
石丸トートが良すぎ。。


エリザベートへの愛をひしひしと感じて
エリザベートへの向かい方が少しずつ変化していくのが
たまらない。



ううう。
予定では今日で石丸トート見納めだったのだけど
春野エリザ×石丸トートもみたいなあ。





なんか今期のエリザは
観るのが忙しくって、

なんというか
見どころが多すぎるというのか。




んと
いつも 私
完全にトート中心なんですよね。


もちろん、
エリザもフランツもルドルフも
あとはトートダンサーも
他にも色々 場面場面で注目したりはするけれど

気持ち的なメインはトート。



だけども
今回完全にフランツ中心に観ていて

だけども
石丸トートのあまりの素敵っぷりに
ついついそちらにもつられて。。。

というか
今日は見納めだなあ というのもあったから
石丸トートに心の中心を行かせがち。。

だけど
フランツも みたいな感じで


結構集中して観る傾向があるので
(だからこそ見落としも多い)
あっちもこっちもだと
あわあわしてしまいますねえ。





今日の石川フランツは

最近注目しているのが
最初の執務室。。というか謁見室?の場面。



ここの岡田フランツの
お人形さんっぷりがあまりに可愛いものだから
石川フランツはどうなのかなあ とか
ついつい必要以上に注目してしまう。




石川フランツは

ゾフィーに逆らえないけれど
皇帝としての威厳と
思うようにいかない若さとが
混ざっていて
苦しそうだけど若き皇帝のオーラにあふれている。


母親に息子の救済を求められて
「却下」と言った時の
意識を切り離したような冷たい声が胸に刺さった。



そこからの
戦争についての相談で
ちょっとやる気をみせた声、

そして
皇帝は何も決める必要はないと言われた時の
行き場のなくなったような何とも言えない表情。



この一連の場面でのフランツに
胸がぎゅーっと締め付けられる。






そんなフランツが
エリザベートに出会って、

エリザベートの自由な心に魅かれて、


そして
エリザベートが
二人で馬に乗って世界中を旅したいというのを聞いて


嬉しいそうな
まぶしそうな顔から

我に返ったような
顔が堪らなくってもう 涙涙。。




禅さんのフランツは
皇帝としての自覚と威厳にあふれていて
すごくかっこいいのだけれど
時々すごく可愛いところもあって
きゅんきゅんします。



婚礼のシーンのダンスとか
改めて注目して観ると
可愛すぎる。。




もうね
今日はフランツでかなり泣かされたんだけど


トートでもかなり泣いた。





エリザベートの部屋でのトート。

フランツに最後通告をつきつけたエリザベートを死にいざなうトート。


 もうあそこのトートはとろけそうに素敵で
 エリザベートはよく抗えたものだ。



エリザベートに拒絶されたあとの
トート閣下の後姿が切ない!














最高に泣けたのはやっぱり最後の
夜のボートから悪夢の場面。


今回私的にはここがクライマックス。



エリザベートに拒絶されながらも
悪夢の中でエリザベートを探すフランツ。

そしてトート閣下に対して「我が妻だ」と叫んで
エリザベートを救おうともがくところで
もう涙腺決壊です。
涙がもう全然止まらない。



フランツこのあと
結局エリザベートを救えずに
失意のまま退場なのに
エリザベートとトートは満足しちゃうんだものね


ああ
やりきれない。









平方ルド。本日初見でしたが


すごくフランツへの愛を感じました。




今までルドルフとフランツって
折り合いが悪いと思って観ていたからか
あまりルドルフからフランツへの思いって
不満が先に立っていそうで愛情とかについて考えたことがなかったのですが



平方ルドは
言葉の端々にフランツへの敬愛が感じられて


ああ そうか
ルドルフはお父さんのこともちゃんと愛してるんだなって
初めて気づきました。





トートを前にした時にみせる弱さにも
ときめいて



こう
一人で立とうとするんだけど
トートに縋り付く感じが
ルドルフの孤独をすごく感じて
涙腺壊れるよ。。








ルドルフがつかまって
フランツと対峙する場面。


石川フランツの息子への愛情と
裏切られた悲しみに

平方ルドルフの
父からの宣告への絶望と
父を傷つけたことに対しての絶望。



短い場面に
二人の複雑な気持ちが
混ざり合って すごく堪らない。



そんなところに
帰ってきた母親にも拒絶されるのだから
ルドルフの絶望がどれだけ深くなったことか。。











はあ。

今日のエリザベートも素敵でした。







そういえば
エリザベートは一日にオレンジ2個と卵3個しか召し上がらないそうで、


今までは
そんなんでよくもつなあ とか思っていたんですが、

良く考えたら
私の食生活って
たぶん今 それ以下だ と気付いて愕然。




ああー。
そりゃ体調も崩すよなあ。





ま ちょっと最近色々心労が多かったので
食欲がなくっていけませんでしたが

体調崩したので
ここからの回復と同時に
少しずつ食べる量も増やしていきたいなと
思ってます。




今年もまだまだ観劇予定もたっぷりで
(しかも増えている)



コンサートもあるし、



その上、
体操とかも予定に組み込もうとしている始末。



だめだめそんなに踏み込んでは と思っているんだけどなあ
テレビ観戦専門だったのにぃ。




仕事も忙しくって
一日平均(実働)12時間は働いてるし、


その分創作活動はままならないけども
手がなまらない程度にぼちぼちなんだよなあ。




うん
臥せってる場合じゃないんだから
はやく食欲もどして元気にならなくては。。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「露出狂」を観て来ました | Home | ミュージカル「エリザベート」8月11日マチネを観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ