日本のゲーム機

映画「PIECE~記憶の欠片~」を観て来ました

Category: 映画感想   Tags: 三浦涼介  渡部秀  


映画「PIECE~記憶の欠片~」を観て来ました
設定が存外ふわっとしていて、
ストーリーはちょっとうーん。。。と思ったのですが、


けど
ふわっとしているからこそ
怖さが軽減されていて

その点では
もしかしたらよかったかもしれません。




三浦涼介くんの零。

とゆーか、
五重人格は


もう さすがとしかいいようのないクオリティ。



映画。短いので
これが連ドラなら
もっとひとつひとつの人格を
いっぱい堪能できたのになあ と思うと
そこは残念でしたが


そう思えるくらい
一人一人の人格を掘り下げたくなりました。




ビジュアルみて
桜井京介(建築探偵by篠田真由美)か!と思いました。



個人的には
りょんにはずっと今野敏さんのSTシリーズに登場する青山を演じてもらいたい
(というよりももしもSTが実写になるなら青山はりょん以外に考えられない)
と思っているのですが、


京介もいける?
と思った瞬間。





渡部秀くんの智紀は
一見映司とは違う風にも思えたんですが、


でも
映司もすべてに絶望してからっぽだった子で
そういう意味では
智紀もからっぽでいた子で

二人は似ているのかもしれないな と思いました。






PIECEは
ちょっと難しい映画だなと感じました。



ストーリーは
まあ ざっくりした設定だったので
理解は難しくないんですが



智紀の心情に追いつくのが
結構大変で


自分の中での消化が
ストーリーの進行に追いつかなくって
結構内部でフル回転な感じでした。




遥ちゃんと亜梨紗ちゃん。
この二人が智紀の中で
どう存在しているのか。




物語の始まりから進行を考えると
遥ちゃんへの気持ちが強くみえるし



けど
エンディングの爽やかな軽やかさには
亜梨紗ちゃんが必要。




3年前から
現在 そして未来への智紀の思いが複雑。


でもそれは決して理解できないとかじゃなくって

でも
そこに追いつくのはすごく大変で、



たぶん
完全には理解できないんだけど
その理解できないことを理解できて
智紀をみつめるというのが
一番しっくりくるみえ方なのかもしれないな。

関連記事

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

渡辺啓作・演出*舞台「コーサ・ノストラの掟」 | Home | 映画「踊る大捜査線 THE FINAL」を観て来ました

コメント

PIECE

PIECE、見ました。



この映画。
元々は、劇場公開の予定はなかったみたいですね。

だから、あのVシネ感は納得といえば、納得かな。


意外と、テーマが壮大な割には、あっさりな感じに仕上げてるなぁと思いました。もっとダークだと思っていたのに。


なので、秀くん演じる智紀とりょん君演じる零(他4名)のキャラがちょっと凝り過ぎているような…。
零もあの内容なら三重人格くらいで良かったのでは?と思います。

連続ドラマなら面白そうだなって、思いました。監督を飯田譲治さんあたりで。ちょっとダーク過ぎますかね。



遥とありさの事も映画を見ている時には、すごく引っかかってました。

特にありさ。
あんなに、元カノを引きずっている、堕落した男を好きになるか?と。
しかも、ありさの献身的な尽くしっぷりに、応えているようには思えない、智紀。

ありさは、私がいないと彼はダメなの…と勘違いしている嫌な女なのかと思っていたのですが、ラストの二人といい、あの廃病院に着いてくる所といい、ありさは、いつか来る智紀が遥に対しての想いに決着をつける日を信じて待っていて、その時を自らの目で確認しようとする、しっかりした子なんだなぁ…と

2012/09/14 (Fri) 15:30 | booko #- | URL | 編集
> bookoさん

私のふわっとした感想よりも
立派なコメントを!(笑


東映が特撮ヒーローで
新しいヒーローを構築する という
まさにキャラ中心な作品づくり。。。
だったのがどんどんストーリー広がっちゃって
それをがんばって時間短縮した…感じかなあ。

そう考えると納得な感じがします。


でも
ラストあの引き方で
次回第2作はどうなるのでしょうかねえ。

PIECEが共通項目みたいなものになるのか
続きそうなラストをほっておいて
まったく違うものになるのか。。




Vシネ感と言われて
確かに!と思いました。


そうか、劇場公開の予定じゃなかったんですね。

2作目はそうするともっと映画を意識した作品になるのかもですね。



2012/09/15 (Sat) 22:51 | NAO #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ