日本のゲーム機

「相棒season11」

Category: ドラマ感想   Tags: 水谷豊  成宮寛貴    

「相棒season11」
 第1話をようやく観ました。
亀山くんの時が
肉体派と頭脳派。

で、神戸くんはどういう相棒だろうと思っていたら
違うタイプの頭脳派 な感じで、

で、じゃあ
甲斐くんはどうくるんだろうと思っていたら
先生と生徒だった(笑




私は神戸くんのファンなので
あの相棒は
すごくバランス難しそうだけど
上手くはまった回とか
すごく楽しく観れたし
とても好きだったけど


やっぱり相棒として
二人でやるからには
対照的な二人のがバランスがきれい。



それを思うと亀山くんタイプ以外で対照的って
どんなのが有り得るだろう?って思っていたら


甲斐くん
いい!




新人くんとの相棒というのは
想像してもいなかった。



そもそも失敗してくるとばかり思ってたから
(神戸くんはスパイとしてと言われていたから失敗してないけど)
新人が特命にくるほど失敗するって想像できなくって

もうちょっとキャリアがあるキャラなのかと思ってました。



右京さんが甲斐くんを育てる気があるかは分からない。。。というか
たぶんそんな風には思っていないだろうけれど


1話での先生っぷりと
意外に素直な甲斐くんの優秀な感は微笑ましかった。



熱くって、ちょっと不良生徒(というか反抗的)っぽいけど
優秀で可愛い甲斐くん。



年上の彼女がいることで
ますます年下感アップですね。




お父さんの警察庁次長と右京さんとの今後の関わりも気になります。

新しい警察内部の情勢という感じで
力関係とか色々気になります。




最後に
大河内さんと右京さんのシーンが入ったのが
何よりうれしい。



で大河内さんが神戸くんと今でも仲良いんだなっていうのが
更にうれしい。





今後、神戸くんがこの世界の中で
どう生きているのかを楽しみにしつつ
相棒11と映画を!楽しみます。





関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

ロックオペラ モーツァルト | Home | 「KissMeDarling2」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ