日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トロイラスとクレシダ」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: トロイラスとクレシダ  月川悠貴  


彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾
 「トロイラスとクレシダ」
9月30日昼公演を観て来ました。


なかなか感想書けなくって
時間がたってしまいました。

記憶があやふやなので
さらっと。
月川悠貴くんがずっと観たくって
けどなかなかタイミングが合わなくて

はじめての月川くん。

でもってはじめての蜷川さん。


そして初めてのトロイラスとクレシダ。




シェイクスピアって
色々なところで色々上演されているので
観に行く前に大体ストーリーを知っていることがほとんどなので
どんな話しなのか知らないでシェイクスピアを観れるって結構貴重な体験。


悲劇と聞いていましたが
かなり笑いどころが多くって
楽しい観劇でした。



もっと早くに細かい記憶を留めておけばよかったと
ちょっと後悔しているけれど

もうどうしようもない。



えと
お目当ての月川くんは
とにかくきれい!


トロイラスが熱中してしまうのも無理ないという
神秘的な美しさ。


一見冷たそうにみえるけど
見ているうちに外に出さない気持ちがみえてきて

美しさと
冷たさと
情熱と
弱さと

繊細なクレシダがみえてきました。



ただ、
あまりにきれいすぎて、


月川くんはこういう女性を演じるのか
クレシダだからこうなのか

もっと他の役の月川くんも観たくなってきました。






蜷川さんの演出も初めて拝見したのですが、
すごく観やすくって。


シェイクスピア上演にあたって
他の作品でよく
分かりやすく作っているので。。。みたいなことをよく聞きますが、

これがその最たるものだなって思いました。
(蜷川さん自身はそのようには言ってなかったとと思いますが)



言葉が殊更簡略化されてるわけでもないから
きれいな言葉回しもしっかり残っていて

だけど役者さんがその回りくどいセリフも
さらっと聞かせてくれて
耳に入りやすく


細かい言い回しが分からなかったとしても
その話口調で十分に伝わってくる。




すごく好き。





来春、蜷川さんの「ヘンリー四世」。

も、絶対観たい。



他の蜷川さんのシェイクスピアも観たいなあ。




 でもね
 観やすくない演劇も
 それはそれで好きなんだけどもね。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

X-QUEST「ムサ×コジ ハイパー」観て来ました | Home | ロックオペラ モーツァルト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。