日本のゲーム機

X-QUEST「ムサ×コジ ハイパー」観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: X-QUEST  高田淳  塩崎こうせい  トクナガヒデカツ  野地春秋  清水宗史  

X-QUEST「ムサ×コジ ハイパー」
 10月7日夜公演を観て来ました

DVC00072.jpg
恒例撮影会写真↑
高田淳くんの槍と塩崎くんの二刀の殺陣が
もう めちゃくちゃにかっこよかった。



このかっこよさは
言葉に出来ない!



長身の高田くんが
操る槍のダイナミックで美しいこと。


それに対峙する塩崎くんの
二刀。



どちらも
実際やるとなったら難しいんだと思う。



槍は大好きだけど
すごくかっこいい!と思う槍のアクションは
なかなか出会えない。


そのすごく素敵すぎる槍の魅力を最大限に発揮できているのは
二刀と対峙しているから。も 絶対。



手に汗握る戦いを繰り広げている
その手を
詳細に何度も観たい!



ということで
とりあえずムサ×コジ ハイパーのDVD出る前での間
ムサ×コジのDVD観ていようっと。






そして。
もうひとつ。


代わる代わるの納刀の場面。


トクさんの納刀が
すっごいかっこよかった。



ちょっとだけ観づらい位置から観てたので
(ちょっと障害人物が(笑)
それがちょっと残念だったけど


すんごいかっこよかった。
これも何度見ても
ため息ものでしょう。





特筆場面覚書きのみ。





大好きな野地さんの
大好きな伝七郎をまた観ることが出来ました。



癒される笑顔で
涼しくアクション。



よく観ると汗かいてるんだけど
なんだか涼やかにみえます。



他のキャストさんたち
もうだっらだらに汗出てて
衣装の色がかなり濃い色になってる中
(もちろん野地さんの衣装の色も濃くなってるけど)
爽やか。




そして最後のダンスの野地さん
凄い素敵。





Twitterで話題になっていた
野地ナイトとかあったら
参加しますから まぢで。




武蔵。

前回は髪型が気合入ってましたが
今回はナチュラル。




そのせいか。

前回は気合の入った勢いと力強さを感じましたが
今回はがむしゃらな底力を感じました。
むき出しの闘志。




小次郎も
前回は様式美というか
きれいな爽やかな小次郎って感じだった記憶なんですが
今回はもっと底が見えない感じがしました。




そういえば何よりハイパーだなと思ったのが
鎌鼬の梅軒いじり(笑



笑い過ぎた。





そういえば
中央舞台なので
向いのお客様が観えるわけですが
ほとんど終始笑ってる私の前のお客さん方のポーカーフェイス。



え?え?え?
私、もしかして笑い過ぎ?

いやいや
自分では笑ってるつもりでも
外から観たらポーカーフェイスかもしれないじゃない。





…。。




だって
ずっと楽しいんだもん。








ここからちょっと妄想タイムです。




重さんがムサ×コジに出るとしたら何役が観たいか妄想。




普通に考えたら梅軒。




沖野くんと重さんって似てるなあと思ってるもんで。





トクさんの鎖鎌に弄り回される様は
是非とも観てみたいなあ。




けどけど
それだとイメージで沖野くんの梅軒からそんなに脱却できてない。



ので、
鎖鎌とかどうだろうか。




きーきー言いながら
アクションしてくれるのは
可愛くって


これも捨てがたい。




一応。
伝七郎も妄想してみたけど
これはあんま上手くいかなかった。



野地さんと重さんはおふたりとも四緑やってるから
同じ役で妄想しやすいかとも思ったんだけど


キャラが違い過ぎて
しかも弟って感じではない  。。ので失敗。



や。
待てよ
そしたら兄の清十郎とかどうだろう。


兄:重さん
弟:野地さん

とかだったらもう私の為のキャスティングかって感じじゃないですか!
(そりゃ 私の妄想だからな)



武蔵と小次郎は
流石に他のキャスティングで妄想出来ないのでしませんが




妄想楽しい。





しかし楽しい妄想出来るのも
本家がすごく楽しいから。ですね。





鎖鎌のアクションも
前回より絶対ハイパーでかっこよかったし。



梅軒とのコンビネーションも
堪らなかった。



沖野くんの梅軒の困り顔とか好き(笑





かっこいいとこからの落差がね。
ギャップ萌え。






清十郎と伝七郎兄弟には泣かされました。





楽しい時間を過ごせて幸せです。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

VISUALIVE「ペルソナ4」the EVOLUTIONを観て来ました | Home | 「トロイラスとクレシダ」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ