日本のゲーム機

「マグダラなマリア~ワインとタンゴと男と女とワイン~」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: マグダラなマリア  湯澤幸一郎  藤田玲  進藤学  豊永利行  

「マグダラなマリア~ワインとタンゴと男と女とワイン~」
 11月23日昼公演を観て来ました


すっごく堪能致しましたが
それ故に不満げな感想綴ってますので
(でもここがこうだったらもっと好き的な)

ご了承くださいませ。
歌も素敵だったし
楽しかったんだけど

ちょっと毒が減った?


少女誘拐。
初めて悪役が登場 と聞いていたので

ちょっと妄想し過ぎたのかしら?


もうちょっと毒々しいマグダラが観たかったなあとは思ったものの


マグダラのキャラはやっぱり素敵だったし

歌も堪能致しました。





鯨井くんは相変わらずおきれいななぎささんで、
今回は特に衣装が可愛すぎる!
ってか脚ほそっ!


ホントに所作に品があって
可愛らしい。




アンナのメイド服。


可愛い。
可愛いんだよ。

可愛いんだけど。


なんだろう 激しい違和感。



そんなキャラですかアンナさん?というか


ヘッドドレスでホテル従業員。。。?というところかな。。



けど
可愛らしい恰好と
気高い感じのギャップは素敵でした。







トッシーが可愛かった!

ちっちゃい子の歌とかも可愛かったけど


ちっちゃいってことは素晴らしいことなんだからと
もう激しく主張したかった。



それにしてもペーターは
クリッパラな立ち位置になっていくのかな?




学さん
まんまだった。


でもねでもね。
せっかくダンスの講師役で出てるんだから
学さんのアルゼンチンタンゴもっともっとたくさん観たかった!


ちらっとな感じで残念。



せっかくのアルゼンチン。


せっかくのタンゴ。(タイトル)


せっかくの学さん!!



にしてもフレディ・ブランメルがダンス講師というのは
学くんのあて書きなのかしら?


それとももともとアルゼンチンタンゴの講師をイメージしていて
学さんキャスティングなのかしら?




燈くんのマルタはお人形でした。


すごく様式美な感じ。

無表情で、
立ち姿も
動き方も


こうあって欲しいみたいな
可愛らしさをそのまま形にした感じ。


白のソックス履いてあれだけ脚が細いって
なぜ自立できる とうっかり思ってしまうほど。




んで玲くん。


玲くんはマグダラの世界にすごく似合う気がします。

マグダラ初の悪役と聞いていましたが
そんな悪い人でした?


というか
ロドリゴ。


はげしく黒執事のドルイットとかぶるの。



違うよ。違うんだけどぉ。



あれがちらちらするから余計にロドリゴ普通の人じゃんとか思ったのかもなあ。




出来ればもっと誘拐色をいっぱい出してほしかったというか


マルタとロドルゴの場面が観たかったの。。







駆け足な感想。




いや。語り始めると
今回感想よりも
これを元にした妄想になりそうなので
さらっとさらっと。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

WBBの苦闘のラブリーロバーが「演劇男子。」で紹介されてました | Home | 及川光博出演「信長のシェフ」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ