日本のゲーム機

キャラメルボックス「キャロリング」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: キャラメルボックス  大内厚雄  有川浩  


キャラメルボックス2012クリスマスツアー
 「キャロリング」
12月22日夜公演を観て来ました
絶対泣いちゃうキャラメルボックスと
絶対泣いちゃう有川浩なんて

観る前から絶対泣くに決まってる。



しかもキャロリング。
先に小説読んでるから
セリフのひとつひとつに
どれだけの背景があるのか
それが同時にあふれてきて
もう泣きすぎて観えない。




舞台化前提で
役者当て書きでの小説からの
脚本化。


小説のみでの登場キャラは
小説のみという前提で書かれたキャラだったのか
それとも脚本化に当たって削られたのか?


あの人の当て書きかなあ?と思いながら読んでいたんだけどなあ。
はずれ?





小説読んでて
絶対旦那さんは大内さん!って思っていたんですが
思った通り大内さんで、はっぴー。



大内さんって
あんまりこういうヘタレ役のイメージじゃないみたいなんですが、
私は初めて観た大内さんが

その役者が普段あまりやらないような役をやらせよう
ということでのヘタレ旦那役だった。。んですが


それがあまりにらぶりーで
実に素敵だったんです。


なので
それ以来、私の中では大内さんはそういう役のイメージ(笑


今回も
普段スマートな大内さんにヘタレ役をやらせてみようみたいな感じでの役のようだけど
私の中ではキャラみた瞬間大内さん!みたいなはまり役。。というか
絶対大内さんで観たいキャラでしたので
すごくうれしい。


大内さんは
ヘタレな旦那さんは嫌われキャラなのではっておっしゃっていましたが
その情けないイラッとしそうな役を
可愛い愛されキャラに見せちゃうところが大内さんの素晴らしさだと思います。




舞台は
とにかく終始ぐっしゃぐしゃに泣きっぱで。

でも
小説のことは一旦忘れて
舞台を楽しもうと思い過ぎたかも。


別々にしっかりと味わいたかったからなんだけど

小説を読んだからこその味わいを
もっとしっかりと味わっても良かったのかもしれないなあと
終わってから思った。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

WBB vol.3「苦闘のラブリーロバー」を観て来ました | Home | X-QUEST「ブルーアップル~紅水母の柩~」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ