日本のゲーム機

映画「僕の中のオトコの娘」を観て来ました

Category: 映画感想   Tags: 川野直輝  河合龍之介  

川野直輝くん主演映画
 「僕の中のオトコの娘」を観て来ました。




ネタバレ感想です。
ご注意ください。
やっぱり一番の見どころは
龍ちゃん演じる昇くんと川野ちゃん演じる謙介がホテルに行くシーン。


ベッドに倒れこんだ謙介に上着をかける昇くんが
紳士だなあと思っていたら



そうっとそうっと触ろうとするのにどきどき。



ちょっとだけ触ってみたいっていう
純粋さ、、と言ったらちょっと変かもだけど


壊れないように
傷つけないように

みつからないように


ちょっとだけ ちょっとだけだから
と言い訳するように触る仕草が愛おしく、



そして ちょっとずつちょっとずつ飛んでいく理性(笑



予告で観たときの印象では
このシーン。

もっと
謙介が誘ってというか
もっと積極的に自分がゲイなのかと試す気持ちでトライして
拒絶したのかというようにみえてたので


こんなに優しくって
愛おしさにあふれたシーンだったなんて。



昇くんがとても愛おしそうに触るのも素敵だったけど

謙介くんが拒否する仕草も
力任せに拒否しなくって

何度も何度も無理、無理って押し返す。



結局拒否ってるんだから
昇くんを傷つけちゃうんだけど

出来れば傷つけたくないっていうのをすごく感じて


どきどきして
切なかった。





昇くんに対してだけでなく
謙介くんは、
誰に対しても優しくって素直な子。



冒頭の
謙介を叱責する上司。


そんな怒り方…というか嫌味を言ったって
どうしようもないのに!

しかも前の失敗まで持ち出して!と


いらっとする人を相手にしている時も

自分を笑う会社の人へも


憎しみや苛立ちがみえなかった。



そんな時彼は
自分へ目を向けている。




だって、あんなん言われて、
確かに自分が悪いかもだけど

そんな言い方したってどうしたらいいんだよ!みたいな苛立ちが出ないって
すごい出来たいい子すぎる。



怒られたり文句を言われるシーンも
言い返したりしないで
自分の中へ受け入れるというか
入れてしまう素直さ。


その危うさが心配で
けど抱きしめたくなるほど可愛い。









けど。

謙介に心を寄せてみているので
あの上司むかつく とか思いますけど、


実際、あの会社にいたら、
というか、あの上司の立場だったら、


まあ あんな振る舞いは流石にしないと思うけれど
心の中ではまったく彼女に同意だろうなあ。



けど
失敗した時、自分の不満をぶつけたって駄目だものね。


やらなきゃいけないのは
失敗しないように修正すること。



謙介くんの失敗は
確認ミスっぽい。


これでいいのかなあ。

たぶん、いいと思うけど。


って思ったら確認すればいいんだけど
たぶん確認が出来ない。



コミュニケーションが苦手なのね。きっと。



指示された→疑問→質問って回路がない。





謙介くんがカレンさんに送ったメール。

そんな書き方したら
馬鹿にしてるみたいじゃない。。って思うのに
謙介くんはそんなこと考えもしないで送ってしまう。


ここみて
そっか、この子はコミュニケーション力が低いんだなってところから遡って
きっとこういう感じで仕事での失敗も起こったんだろうなって。




だけど
女装写真につけているコメント。

口ではちょっと馬鹿にしたようなことを言っているのに
優しい言葉ばかりで。


文章もとても丁寧。



とても優しくって素直ないい子。




引きこもっている時は
かなりの我がままっぷりで、


プリン食べっぱなしの場面では
誰がかたづけると思ってるの!ってついイラっとしましたが

その直後の
亡くなったお母さんへお鈴を鳴らすところで
なんていい子なの。って、


もうなんだろうこの繰り返し。



家族に見つからないようにこそこそ家を抜け出して、

けど
帰ってきて家族に謝って。



周りのせいにしない潔さ。

うん。


見習わないといけないなあ。





映画の中の女装娘さんたちは
みんな周りを言い訳にしていない

潔く生きているようにみえた。




対してその他の人々のみっともなさ。
その最たる人は内田さん演じる男性だったけど

なんか我が身を振り返り反省したくなりました。



周りのせいにしたって何も解決しない。
解決したければ自分が変わらなくては。
自分は変えれても他人は変えられない。 をモットーにしてきたつもりだったけど


まだまだ甘えたことしてるよ私 と

改めて思うことが出来ました。





がんばろ。






あ、
色んな方の感想みていると
川野ちゃんの女装が可愛い過ぎると評判ですが、

私は
女装ももちろん可愛かったですが

寝顔が一番可愛かったと思っております。



寝顔シーンいっぱいで幸せでしたぁ。
関連記事

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

新感線「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ」を観て来ました | Home | 観劇+α~2012年~

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ