日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックオペラ「モーツァルト」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 山本耕史  中川晃教  

ロックオペラ「モーツァルト」
 2月24日マチソワを観て来ました
とても素敵だった。


オープニング。
きれいな柄の幕に当る光が
徐々に色を変えていって、

万華鏡を回すみたいに
少しずつ世界が変わっていって
浮かび上がるタイトル。


もう。この最初の瞬間から心臓鷲づかみされました。

っていうか、劇場に入って幕を観た瞬間から掴まれていたかも。。


とにかく照明がきれい。


そして衣装。

デザインも素敵だけど
その質感がたまらなくいい。

それに光が当たって見えてくる世界観が
きれいでたまらなくってため息。



コロレド司教登場の場面の
赤い衣装にぴかぴかの金色の錫杖も素敵だったし

パリの人々も可愛かった。




ああああ。もうね。
チケット取る時に
千秋楽のみだとリピしたかったとしても出来ないなあ とは
思ったんだけど 見事に。。。


これ。もう絶対リピしたかった。
もっかい もっかい観たい!








中川モーツァルトは
可愛くって無邪気。
真っ直ぐで、素直(自分に)。


一番素敵だったのは
一幕の終わり。
母親の死の後。

悲しさと絶望と不屈さと熱さと
真反対にしか思えないものが
彼の中にはきちんと全部きれいに存在していて

矛盾がない。

弱弱しいのに強い。


一幕終わってからもどきどきが止まらなくって
何回でも観たい。


作曲と生きていくことが同義で
自分の音楽を愛していて
人々にも愛されることを疑わない

その真っ直ぐさ、強さ。



でも。
あの世界はサリエリの脳内の世界。
サリエリの目を通してみたモーツァルトに思えた。


山本サリエリは表からはその嫉妬が見えてこない。
感情が見えない。

でも、間違いなくモーツァルトを意識していて
もしかすると誰よりも彼に夢中。

まったく見えないのに
それが分かることで
サリエリの心の中を想像してしまう

その想像が漏れ出たものが目の前のモーツァルトのように感じた。



とにかく魅力的なモーツァルトなんだけど
そこにたとえいなくても
サリエリを意識せずにはいられない

ルージュは私にとっては完全にサリエリの世界でした。




そしてインディゴ。

山本モーツァルト。


ロックスターだった。



自信の塊。


あの息子じゃレオポルトは
そりゃさぞ心配だろう。



中川モーツァルトは
一挙手一投足可愛くって、ふんわりとした
天使のような とかいうとちょっと言い過ぎというか
ちょっとニュアンス違う気がするんだけど
軽やかで人が行けるところを易々と飛び越える感じだったけど


山本モーツァルトは
一挙手一投足颯爽としていて
目を引かれずにはいられない魅力の塊。
カリスマ。圧倒的な存在感で輝いてる。



それに対する中川サリエリは
神経質で小心。


モーツァルトに対する嫉妬 というよりは
劣等感を抱いているようにみえる。



ルージュではサリエリの世界に思えた一幕も
インディゴではモーツァルトの世界を覗くサリエリ。



ルージュはそのサリエリの
恐怖も感じるくらいの
抑えこんだ世界が好きだったけど


インディゴは
サリエリが小心な感じなので見え方が変わる。
一幕、サリエリにはあまり心が向かなかったけど

だからこそ二幕。


モーツァルトに出会って
初めて
計算や努力でたどり着けない才能を知った衝撃。


今まで自分が努力して掴んできた栄光が
何の意味もないように思えるほどの空しさ。


その絶望に飲み込まれそうだった。





ルージュもインディゴもどっちも
素敵で。


もっと何回も観たかった。

ああ、もう 最終日しか都合つかなかったんだもん!とは思うけど
残念だった。


けど観れて本当に幸せ。



そうそう
千秋楽カーテンコール。


山本くんと中川くんで一曲歌ってくれたんだけれど
山本くん。

歌の最後でバク宙しました(驚


今回で完全に山本くんのイメージ変わった。

もっと彼のミュージカルみたいなあ。
(モーツァルトはロックオペラですが)



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

柿喰う客「発情ジュリアス・シーザー」を観て来ました | Home | 舞台「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト~ビターな大人のラブコメディ」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。