日本のゲーム機

スタジオライフ「11人いる!」上映会+トークショー行ってきました

Category: 観劇感想   Tags: スタジオライフ  及川健  関戸博一  内藤大希  松本慎也  仲原裕之  堀川剛史  11人いる!  


スタジオライフ公演『続・11人いる!』名古屋限定スペシャルイベント

「11人いる!」上映会+トークショー行ってきました




トークショーの内容に触れている為
ちょっとだけネタバレあります。
ご注意をお願いします。

会場はテレビ愛知「山浦ひさしのトコトン!1スタ」スタジオ!

吉田くんが
今回の上映会のために作ったセットですと紹介(笑


けどそういいたくなるのは分かる、すごくSFちっくなセットでした。

ちょっと今度、山浦ひさしの番組みてみよう。
テレビで見るとあのスタジオがどんな風に見えるのか気になる。


当初は最初にトークショーの予定だったのかな?
「役者がリハーサルで遅れていまして
制作がしゃしゃり出てすみません。」とおっしゃっていましたが
吉田くんのお話が聞けて私はうれしかったです。

吉田くんは、私がまだライフ観たての頃
 (といって今だってそんなヘビーに観てないけど)
すぐに制作転向されてしまったので

穏やかな話口調を聞けて、
そして
トークショーでの司会を担当されていて
役者さんたちとも和やかな雰囲気で 楽しかった。







さてさて上映会。
「11人いる!」は荒木及川のVenusチームしか観れなかったので
今回の上映会、Mercuriusチーム!
やっと関戸くんのヌー観れました!
可愛かったよぉ。ヌー。

鈴木くんのヌーよりも幼い印象。

鈴木くんのヌーは、
彼の故郷の中で、ヴィダよりも長く生きているという
他の人の死をみつめていたんだという 長命さを感じさせたけど

関戸くんのヌーは
ヴィドメニールとしてはまだ若いという
幼さがみえるヌーでした。


関戸くんは、ずっと女役が続いたところに
今回ヌーということで、思いを語っておられました。

中性という表現について、

中性を意識するのではなく、
ここでは男性っぽく、ここでは女性っぽくすることで
全体として中性になるんじゃないかと
倉田さんとお話ししたということ。

そんなお話を聞くと
また関戸くんのヌーを観たくなってしまいます。



ヌーの顔の被り物というか、マスク?をすると
鈴木ヌーと関戸ヌーどっちか分からないと言われるそうですが、

観た感じ違うけど。。??

でも鈴木くんは生で、
関戸くんは映像で観てるからそう思うのかな?

名古屋公演行って改めて生写真で確かめよう。

なんせ吉田くんがガチで写真組み合わせで間違ったらしいので、
にわか関戸ファンな私が見分けられるとは思えないもんね。





そうそう
ヌーは頭のピロッとなってる脇に耳があるらしい!

だからヌーがよく聞こえない時はこうするって、
側頭部に手を当てる関戸くんの可愛さ。。。

これもキャラ写真みて確かめよう。



はあ。関戸くん観れて
そして関戸ヌー観れて、もう嬉しさいっぱい。



ですが、もちろん及川くんもちゃんと観ましたよ。
(いや、参加者全員ちゃんと観ましたよ。もちろん。)


でも
及川くんがあまりにきらきらしていて直視できない。

 ちゃんと観てない!(笑


ちょうど私が上手側に座ってて、
及川くんが下手側だったので
及川くんが中央に目を向けるとちょうど正面で
ついつい目を逸らしてしまう。。

でとなりは関戸くんという、幸せ。

関戸くんは前の方の頭が被ってしまって
あんまりしっかり見えなかったけど
可愛いかった!。


(あれ?結局関戸くんか?)






えっと、上映会に戻ろう。



大希くんのフロル。


可愛い!

お転婆少女というよりは元気な子供。

それがタダを意識した時の戸惑うような雰囲気が可愛い。。

松本くんのタダとも、すごく初々しくて微笑ましい。


劇団員じゃない役者さんとの演技ということで
慣れてなさそうな相手でちょっと呼吸があってない。っていうと言葉が悪いかもだけど

ちょっとしたぎこちなさというか
余所余所しさみたいなところ

そんなところがどきどきしてより好きかも。



今回名古屋で大希くんが楽。
かめあり公演は及川くんがフロルで松本くんがタダ。

及川くんは
松本くんとは相手がどうするかよく分かってやりやすい。

芳樹くんが相手の時は芳樹くんに合わせる感じと言ってました。


どちらも息の合った舞台が期待できてそれはそれで楽しみなんですけど

前回の初演の時の名古屋での11人いる!
芳樹くんが来れなくて、名古屋は松本くんがタダシングルだったから
ちょっと及川くんと戸惑いみたいなところが微笑ましかった。

そういうところも観てみたかったりします。



11人いる!は荒木くんが相手役で、続は芳樹くんが相手役。
続が始まった最初の公演は芳樹くんに変わった空気みたいのもあったのかなぁと思うと

やっぱり公演観る度に変わっていくんだろうなって思いますね。




かめあり公演は
及川くん、芳樹くん、松本くんのが一同に会する場面があるらしく、
浮気現場を見られる感じで及川くんは今から心配。ですって。


そう言われるとちょっとかめあり公演
浮気現場を目撃しに行きたくなっちゃいます(笑











仲原さんのフォースは
王様がいるから王様に従っているけど
王様がいなかったらすごく仕切りそう。

なんていうか
責任感が強そうな感じ。



で堀川王様はすごく人を使い慣れている。

けど、今までは
相手も使われているという意識の人ばかりだったのに、
そうではない人に出会って戸惑ってみえた。








上映みていてフォースのシーンで
両チーム同じと思ってたシーンが
チーム毎に違っていてびっくりしました。

突然観たことない格好とテンションのフォースがでてくるんだもん。


ってか藤森フォースはあの場面どんなだったっけ?


うわ見直したい。




フォースのその場面は、
仲原さん
自転車で登場するという案を出したけど没になったそう。


稽古中その案の為に
自転車を稽古場にこっそりいれたのに、

その日のお稽古はそのシーンの前で終わっちゃって、
自転車を出そうと思ったのに松本くんがずっと残って筋トレしてるから
なかなか出せなくて帰れなかったんだそう。


可愛い。


そしてそんなふうにこっそりアイデア仕込んだりするんですね。


白号は広いから絶対自転車的なもので移動してると思う。という話で
また11人いる!の世界の見え方が広がった気がしました。






上映会の
映像は粗かったけど、
それはそれでDVDでは観れない雰囲気が楽しめたし良かったです。


けどやっぱり映像と生は本当に段違いとしみじみ。

映像のがしっかり観えてるのに
やっぱり生の空気にはならないんだよね。



生の舞台との一期一会。
名古屋公演楽しもう。





そして。。。

私そろそろライフファンクラブ入ってしまいそう。。

関連記事
劇団鹿殺し「BONE SONGS」観て来ました | Home | X-QUEST「ブルーアップル」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ