日本のゲーム機

進戯団夢命クラシックス「OTOGI狂詩曲」観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 進戯団夢命クラシックス  伊藤マサミ  

進戯団夢命クラシックス「OTOGI狂詩曲」
 6月8日夜公演を観て来ました
クラシックスはいつも気になってはいるものの
中々上京スケジュールを合わせられず、
2回目の観劇。


クラシックス観たい!というのも然ることながら
前回のファントムライセンスがかなり観たかったのに観に行けなかったので
せめてDVDを買いたいということもあり、


このスケジュールで、しかも夜公演が19時だったの~!

土曜日の夜が遅くてありがとうございます!

これ18時でもいけたかもだけど17時とかじゃ無理だったので
すごくすごくありがたかった。


で、今回はなんだかすごく感想に
マサミくんが可愛いというのが目立ち。


いやいや、そんなの知ってるし、と思っていたんですが、
行ったら。

そんな私の可愛いマサミくんの予想を蹴っ飛ばすような
凄まじい可愛さだった!


最初の登場シーンではわかんなかったもんマサミくんだって。

まあ、これは私の席が最前端っこでほぼ真横からみてるくらいの位置だったから
顔とかもよく観えなかったというのもあるっちゃあるかもだけど、


女の子かと思ってたら、マサミくんだった時の衝撃!



ピンクのきれいに結った髪がものすごく似合っていて
ばりばりのつけまつげもめちゃめちゃに可愛く。。。



着物での殺陣もお美しく、
扇を口にくわえての立ち回りなんて、
(苦しいだろうに)よくぞやってくれました!

可愛い!可愛い!可愛い!




マサミくんの可愛さ。っていうかマサミくん演じる酒呑童子の可愛さ!に
完全にノックアウトだったんですが、

もちろん他のキャラたちも素敵さ満載です。




クラシックスは前回観たときも思ったのですが、
あの大きさの舞台に人載せすぎです。


そしてあの立ち回りにあの舞台は狭すぎでしょう!と思ってしまうんだけど、
狭っくるしくしてるわけではなくって、
狭い舞台だということを忘れてしまいそうなほどのアクションで
ホントにうきうきしっぱなしです。



それぞれのキャラの動きが
もうなんというかキャラ萌え全開なんですよねえ。


だからどのキャラも一挙手一投足見逃したくなくなっちゃう。


そう思うとあの舞台の広さは、
前方でも全体を視界に入れやすく、よい大きさなのかもしれません。



待機中のキャラの動きとかがとくにときめいたんですが、
酒呑童子の手の動きとか、
雪女の上半身の動きとか、、

これって、格ゲーのキャラの待機時の動きに似てるかも。


どなたかOTOGIで格ゲー作りたい(作って欲しい?)みたいなことを言ってらっしゃいましたが
こういう細かい動きとか、すごく映えるゲームになりそう。



ひとつ残念だったのは
桃のアクションを見逃しがちだったこと。


あの武器、すごく大好きな武器なのに!

あんまりしっかり観れなかったよお!


見どころ満載アクションと酒呑童子に見惚れてたせいだ。。。。



うわーん。こんなの絶対リピしたい!と思ったけど
翌日は千秋楽。夜公演の時間が早すぎて
流石に行ける時間ではありませんでした。。。



もう絶対DVD買う!と決意したのです。



途中。ストーリー的には
ちょっと個人的にすごく苦手なシーンがあり、
そこでちょっとDVD私、観れないかも。このシーン観る自信ない。。
と思ったものの。

過ぎ去り、酒呑童子の登場と同時に
やっぱりDVD!と思ってしまう。


可愛さ最強。



そして、あまりに酒呑童子が可愛かったので
滅多に買わないキャラフォト(ランダム3枚入り)を
どうしてもマサミくんの写真が欲しい!と購入。



でもさ。私、こういうのすごい引き弱くって、
当たんないんだよねー。とは思ったものの
買わずにはいられなかった。

そして、見事当てました!!!



ああ、もう幸せ♪


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「マイ・フェア・レディ」名古屋公演観て来ました | Home | 「マイ・フェア・レディ」東京千秋楽観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ