日本のゲーム機

「警部補 矢部謙三2 第7話」

Category: ドラマ感想   Tags: 三浦涼介  

三浦涼介くん出演の
 「警部補 矢部謙三2 第7話」

ようやく録画を観れました。
警部補 矢部謙三も初めて観ますし
そもそもTRICKも観たことないのですが、


なにこれ面白すぎる。





同じテレビ朝日。。だからでしょうか。

りょんの役は渥地(あくち)探偵。


「あくち」を「あんく」と聞き間違えられるところから始まり、

登場シーンは手から。



極めつけ(?)は
何かひらめく度にコインを投げ
ぱしっとコインを掴んで、セリフ。



どこまでも仮面ライダーww




渥地探偵は
元スコットランドヤードの警部。


あの外見で元警部。



もちろん全然元警部にはみえないんだけど

でも嘘っぽくも見えない。

渥地探偵はすごくフィクションっぽい存在感。



この絶妙な虚構感は三浦涼介ならではの空気ですー。



こういう役のりょん大好き。



半虚構みたいな存在感がすごくはまる。




いいもの見たなー♪




しかも話がもう、くだらなくって、くだらなくって
素敵すぎるー。





素晴らしい様式美の数々も楽しかったー。


これはいつもこんな感じなのかしら?

それとも「探偵」がいるということで
ここまで探偵の所作をつっこんでいるのかしら?





ちょっと松田翔太くんの名探偵の掟とか
堂本剛くんの33分探偵思い出した。
関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

川野直輝くん出演の映画「利休にたずねよ」がモントリオール世界映画祭最優秀芸術貢献賞受賞 | Home | 演劇集団イヌッコロ 第7回公演「リバースヒストリカ ver.inuccoro」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ