日本のゲーム機

柿喰う客「失禁リア王」観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 柿喰う客  中屋敷法仁  新良エツ子  七味まゆ味  阪田瑞穂  加藤紗希  リア王  

柿喰う客 女体シェイクスピア004
 「失禁リア王」9月7日昼公演観て来ました
チラシのリアがすごく男らしくって
あれ?今度の女体シェイクスピアは今までとなんか違う?と思って観に行きましたが

ちゃんと女性、というか女体の魅力にあふれた舞台で
安心しました。


ビジュアル的には髭の方がいっぱいで
ちょっと宝塚を思い出す感じ(←宝塚観たことないです。イメージです。




今回は音楽劇?というのでしょうか
歌がいっぱいですごく華やか!


どの曲もすごくすごくよくって
これ再演続かないともったいない!という素敵な曲ぞろい。


で、マイクを持つキャラが変わっていくのが
物語の流れというか中心にリンクしていて

マイクの渡し方とか奪い取り方とか
なんかいいなーと思ってみてました。




印象としては
女性は強いなー、怖いなー。


あの。リアの三姉妹が。


長女、次女、三女が
見た目からすごく長女っぽく、次女っぽく、三女っぽくて

それぞれにそれぞれの怖さがある。



新良さんの道化というか愛人がいるので
特に女性に振り回されてる図になってたのかもですが
私も強くあらねばと思ってしまいました。




一番今回素敵だなーと思ったのはカラン。
物語から半歩下がったくらいの位置にいて
中性的な佇まいがすごく魅力的でした。


それからエドマンド。
流石に魅力的な雰囲気を醸し出しています。

ちょっと悪いっぽい雰囲気があって
可愛さがみえて、色気があって、

カランはその佇まいがステキでしたが
キャラとしてはエドマンドが好みかなー。


エドガーは
最初七味さん?って思ったけど

実際に観てみたら
透明感があって幼さと強さを併せ持っている感じが
すごくよくって、とても好きなエドガーです。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

吉野圭吾さんトークライブ行ってまいりました | Home | 川野直輝くん出演の映画「利休にたずねよ」がモントリオール世界映画祭最優秀芸術貢献賞受賞

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ