日本のゲーム機

吉野圭吾さんトークライブ行ってまいりました

Category: 観劇感想   Tags: 笹木重人  吉野圭吾  

9月7日の吉野圭吾さんトークライブに
 行ってまいりました
お食事つきのイベントごとは
なかなか一人で行くのはハードルが高いんですけど

舞台の上も客席も
とても楽しい空気でいっぱいで、

楽しい時間を過ごすことが出来ました。


ああ、もうじわじわ幸せ。



会場にいて、観ている時はもちろん幸せいっぱいなんだけど
終わって、一晩経ち、二晩経ち。。


その時の空気とか気持ちとかが熟成されて
なんかもう幸せ噛みしめ真っ最中。

今までの経験から
恐らく向こう一か月くらいは
このちょっと浮かれた感じは続くことでしょう。






さて、とても楽しんだ思い出を
感想にあげないと、と思うものの

このふわふわして胸がいっぱいの気持ちは
なかなか文字にするのが困難。


 だからいつもふわふわっとした感想ばっかりなのだけれど。



あ、でも色んな方が既に感想とかレポとかあげていらして
いっぱい読めて幸せ~♪






圭吾さんの伯爵様素敵~でしたし、
それに何より重さんのプロフェッサーには
もうもうもうすごくじたばたした気持ち。

歌い始めはすんなりと
うっとりと、楽しい気持ちで聴いてい。。。て、プロフェッサー!みたいな。


フルで聴きたいー。
というのは、振り返って思うことで、

もう、ただただ幸せでした。っていうか幸せです。


服装的にはどちらかというとアルフレート?な気もしたりもしましたが
プロフェッサー聴けて良かった♪

なんか、最初からすっごく幸せを頂きました。




で、タンゴ。

かっこよくて、見惚れるばかり。

なんて素敵なものを観れたのでしょう。はあ。



歌が聴けて、ダンスが観れて

その場に居れたことがとても幸せで

今も幸せで、


だけども、その幸せの素を上手く言葉に出来ないのは残念。

精進せねば。



もちろんもちろん
トークもすごーく楽しかったし。

そして何より(?)メガネな重さんを堪能させて頂いたことは
感謝でいっぱいでございます。


 ああ、ほんとになんてメガネ似合うんでしょうか。




まだまだしばらくふわふわした気持ちで
どきどきを噛みしめる日々を送りたいと思いますw
関連記事
「心霊探偵八雲 いつわりの樹」を観て来ました | Home | 柿喰う客「失禁リア王」観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ