日本のゲーム機

「リバースヒストリカ ver.inuccoro.」観て来ました。

Category: 観劇感想   Tags: リバースヒストリカ  イヌッコロ  佐野大樹  長谷川哲朗  黒岩司  

演劇集団イヌッコロ 第7回公演
 「リバースヒストリカ ver.inuccoro.」
10月20日昼公演を観て来ました。
とにかく
てっちゃんの川上がまた観たかった。

イヌッコロでリバヒスやるなら
もちろんてっちゃんが川上だよね。とは思っていたものの、

ホントにそのキャストで来てくれるか、

意表をついて別のキャストにならないかどきどきしながら公演を待っておりました。

初日開けての感想やらなんやらで
無事、川上だーと分かってほっとして、

観に行く日を安心して心待ちにしておりました。



で、てっちゃんのことしか考えてなかったところに
大樹っちゃんの秀吉もまた観れるということで

別の役も観てみたかったなーという気持ちもありますが、

でもやっぱり秀吉は大樹っちゃんでしょ。という気持ちもやっぱり大きいので
たんのーです。



川上津田コンビはやっぱりどーしてもてっちゃん、べっちんの印象が強すぎで
最初、登場してしばらくはあれ?てっちゃんいるのに、べっちんいないーと思ったんだけど

 わかってはいてもなんとなく違和感というか。

津田としてはすごくよかったの黒岩さん。
私の頭が現在と過去でごっちゃになってしまって

慣れるためにもやっぱ2回くらい観とけば良かったかも。


川上とは違う意味で空気読んでないというか読もうとはしてるんだけど
ちょっとがんばれてない感じとかが愛おしい。

とくに良かったのは幸村~♪

黒岩さんの幸村ステキだった!


勝家との殺陣はちょっと楽しすぎ。


槍好きで、しかも小柄な人のアクションが大好きな私にとっては
この幸村と勝家との殺陣はうれしいシーンでした。


ま、ちょっと自由に槍が振るえない、というシチュエーションだったので
ちょっと残念といえば残念だったけれど


それはそれで
苦労してるという、イライラしている勝家がよいのですよ~。



まあ、幸村がすごく良かったので、
まあいいかと思ってしまうけれど


なんでそこで幸村なの?というのはやっぱり思ってしまいますけども。


三成じゃなくって幸村なのはなぜに?


役者さんのキャラ的なもので選んでるのかな~?それともなにか理由があるのかな?
どっちが降臨するんだろう → 幸村かーと、ね。思ってしまうなあ、やっぱり。


でも、あの殺陣観れたし、まあいいか。



大樹っちゃんの松浦は
前回の松浦と全然印象違ってて面白かった。
秀吉降臨後はイメージ的には前回の秀吉と似ているけれど
表情の作り方が断然パワーアップ、、というか、前回はがっつり表情観れてなかったので
しっかり秀吉堪能出来て楽しかった。


それにしても大樹っちゃんは殺陣の見せ方が上手い。

貯め方とか、動くタイミングとか
観ていて華があるので楽しい。



リバヒスは*pnish*版が男性のみ公演だったので
その印象も強いけど

やっぱり男女混合の方がしっくりきて良いですね。








最近生活状況が変わって、
がんばってるつもりだったけどまだまだ全然で
こんなだめだめなのにお芝居観に来てて(しかも遠征)よいのかしら と
行くまでは楽しみで気分転換になるなーと思っていたけど
行ったらなんだか後ろめたくって
ダメだなーとちょっと落ち込み気味。

でも観終わってみて、
私、がんばってるんじゃなくって、ただこなしてるだけで
全然がんばってないじゃんと気付いて、なんだか心機一転な気持ちになりました。


やっぱり気分転換は大切だなと思うとともに
もう後ろめたい気持ちで観劇することにならないよう
しっかりとがんばるぞ。と気を引き締めたのでした。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

DANCE ACT「ニジンスキー」再演 | Home | 「広島に原爆を落とす日」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ