日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「利休にたずねよ」を観てきました

Category: 映画感想   Tags: 川野直輝  福士誠治  


映画「利休にたずねよ」を観てきました
新しい利休像を描いた作品と聞いていたけれど
今まで私が持っていた利休のイメージとそんなに変わらないなあと
思いながら観ていると

物語後半の利休の過去を観終わった時、
今までの利休の印象が変わりました。


映像もとても美しくて、
どの「画」を切り取ってもそのまま利休の心のような
怖くなるくらいの美しさを表現しているようでした。



その中で川野ちゃんの山上宗二の存在感は絶妙でした。

利休の世界の中で
弟子といっても際立っているわけではなく
かといって存在が薄いわけでもなく
美しすぎず、だけど静かな佇まいで、

利休の弟子として
他との差異をはっきりと出しながらも
幼さのある宗二で

最期の場面では、ぼろぼろに泣きました。


今までの山上宗二のイメージとは
川野ちゃんが演じるという時点で違うだろうなとは思っていましたが
実際に映像で観てみると
利休の弟子としてこれ以外ないなと思えるくらい
すっきりとそこにいて、

パンフレットで川野ちゃんもそのようなことをおっしゃっていたので
そういう気持ちで演じたものが
ちゃんと映像には映るんだな と思って、
もうちょっと川野ちゃんの宗二観たかったです。



で、川野ちゃんの出演のことは意識していたのですけれど
観に行く前に福士くんが三成で出ていることに気づきました。

あれ?これ未チェックだったのか
チェックしてたけど忘れてたのか
あれれ?と思ったものの、

どちらにしても福士くんの三成だーとこちらもうきうきで楽しみにしておりました。

WEBのインタビューで
福士くんは
『利休と秀吉の前ではどうしても器の違いが出てしまう』とおっしゃっていましたし

福士くんに三成のイメージがあまりなかったので
どんな三成になるのかなと思っていて、

最初の場面では
三成の印象が軽すぎるように思えて、
器の違いが出てしまうといっても
三成だしなあ。福士くんはこういう他者との関係性においての存在感の出し方というのか
こういう人物なんだなという空気を出すのがとても上手いと思っていたので
ちょっとあれ?と思ったのですが

天下が信長から秀吉に移るにつれ
しっかりとした力強さが増してきて

時代とともに変わっていく三成と
だけど三成のまっすぐさは変わらずみえて、

新しい三成のようで、だけどやっぱり三成らしさが感じられて
とても好きな三成でした。

でもそれでも秀吉、利休の存在には届かないというか
遥か上にいるんだと、三成を通して更に強くそう感じた気がします。



▼『利休にたずねよ』福士誠治インタビュー
http://www.moviecollection.jp/interview_new/detail.html?id=264



関連記事

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

観劇+α~2013年~ | Home | WBB「サムライナイトフィーバー再燃」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。