日本のゲーム機

X-QUEST「ブラック西遊記」を観て来ました※ネタバレ注意

Category: 観劇感想   Tags: X-QUEST  高田淳  SUMIO  野地春秋  清水宗史  鷲尾直人  




X-QUEST「ブラック西遊記~ステッピン・イントゥ・ユア・ダークサイド・ワールド」
 2月8日昼公演を観てきました。
今回、
観に行こうかなー、どうしようかなー、と
最初はのんきに構えておりましたが、

ふと。


西遊記?ってことは如意棒?
ってことは長棒アクション!?ということに
遅れて気づいたとたんにチケット取りました。



観てよかった。

雪にも負けず、遠征出来てよかった。

それもこれもJRさんのおかげだなあと
いつも以上に感謝しつつの遠征でございました。






一番のお気に入りは八戒戦。


そして、やっぱり高田淳くんの長物捌きの素敵さといったら!


は!?これはあれかしら
淳くんの殺陣はその長物捌きにくぎづけになっちゃうから
戦いとして印象に残るのは淳くんの登場しないアクションということかしら。

なんて。←いや、あながちその通りかも。。


うー。けど。
もちろん淳くんの長物捌きは絶対に見逃せないけれど
宗史さんも観てたいし、もちろん塩様も観たいし、

いつも通りに
どこ観たらいいのー
っていうかどこもかしこも観たいー。な状態。


こんなの絶対1回じゃ足りないよう。と思ったものの
もう観に来れないんだよ。。



だからその分大事に観ました。



四方囲みだから少なくとも4回は観たいのにねえ。





ところで
完全ネタバレな感想ではございますが

三蔵一行とニセ三蔵一行について、


観ていてちょっとだけ付いて行きづらかったのだけど
SUMIOくん演じる真・悟浄から
外見的にかっこよい悟浄として
淳くん演じる悟浄が生まれたわけなのだけど


んと。SUMIOくんかっこいいよ?


その外見に不服なの悟浄!と思いましたのですよ。


ああ、でも淳くん悟浄のかっぱスーツは素敵でしたー。
あれだけでも何度でも観たい。




でもって、八戒。

痩せた…というよりも性別!?



どっちの八戒も好きだけど
なぜに性別変わった!とは、やっぱり思うよね。



真・悟空はちょっと謎のキャラとして登場したから
悟空同士というよりも

どういう関係なんだろうと思いながら観ていたので
そういう意味ではキャラよりも関係性が気になったかも。

そして収束の仕方がすごく好き。


真・悟空可愛かったー。





真の自分と理想の自分。
理想の自分はもちろん素敵なものだけど、
真の自分も十分に素敵なわけですね。




まあ、けどねなんだかんだ言っても
一番の素敵なお方はやっぱり野地さんだったりはするのだけれど


野地さん不定期出演で前半中心(?)ということだったので
とりあえず前半に行かなくてはと大雪の中のおでかけとなってしまいましたけれど

それだけの価値はとてつもなくあったなあ。

けど
野地さんいなかったらどうなるのかしら?

んー。あの小さい馬ががんばるのかしら。



野地さんの玉龍可愛かったです。
だからますますどこ観たら状態になるわけだけど。




あ、あとすごくお気に入りは
宗史くんのラップ!


ごめんよ。歌ってる間中おかしくって
かなり長時間クスクス笑い続けましたけど
大事に観ました。。大事に笑いました?



えーと、あの、あれは

ブルーアップルでの宗史くんの歌唱力を見込まれて
、、的なことなのでしょうか。。




ブルーアップルでは歌!?と笑って欲しかったのに
歌ってることへの笑いがあんまりなかったとトクナガさんおっしゃっておりましたけど
そのリベンジだったりしたりするのかしらとちょっと思ってみたり、


だとしたら大成功ですね。
会場内、かなりのくすくす笑いでしたもの。






男性陣がものすっごいかっこいい中
女性陣も素敵だったのです。


ってか、四神が女神だった!


四神の中では私は断然白虎が好きなので
今回、白虎がキーパーソン的に扱われててちょっとうれしい。

そうか、なるほど「西」だものね。


 ところで今、「びゃっこ」と打っても私のPC「白虎」に変換しないことに気付いた!
 悟浄も八戒も出るのにー!朱雀も玄武も青竜も出るのに!







今回も衣装が素敵ー。


はあ、もう毎回これ以上はないくらい素敵と思うのに
次は更に、、というか、また別の素敵な衣装が出てくるのだものね。

衣装もそれぞれじっくり観たい。


悟空、八戒、悟浄とそれぞれ2組並べて観たいし、
悟空×2、八戒×2、悟浄×2と並べて観たいし、

四神も並べて観たいし、

ひとりずつじっくり観たいし、

全員揃ったところも素敵だし、


衣装が動いてひらひらするところもよいし
しっかり観たいから、止まっていても欲しいし、


毎回思ってる気はするけど
今回の衣装ホントに素敵だったー。


四神の衣装の白黒とか
ちょっとチェス盤を思い出して、
チェス盤の上で繰り返される戦いと旅、みたいな気がしたり。






金角と三蔵のアクションは
ひらひらがかなり邪魔そうに観えたけど
でも豪華でかっこよかったー。







ただ、ひとつだけ残念だったのは
やっぱりえきさんいないと寂しい。。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

スタジオライフ「少年十字軍」を観て来ました | Home | 極上文學「Kの昇天~或はKの溺死~」ネット観劇しました。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ