日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER参加型LIVE「TOY BOX5」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 笹木重人  

笹木重人さんご出演の
SUPER参加型LIVE「TOY BOX5」
 6月14日昼夜と15日公演に行ってきました。


感想偏ってます。
むしろ妄想かもしれません。
TOYBOXの5回目ということで、
TOYBOXってなんぞ?と過去レポなんかを調べたので
お客さんを舞台にあげるのかーとなんとなくは分かったものの

雰囲気とか全然未知だったので
ちょっとこわごわでしたが、
CLUB SEVENっぽい感じ?って思いました。

歌あり、お芝居ありのてんこ盛りな感じが。


私、実はCLUB SEVEN初めて観た時からずっとこっそりと
重さん出たら似合うなーと思ってたので

違うんだけど、でも
こういうテイストやっぱり似合うなあと

TOY BOX観て
ちょっと夢が叶った感じ。


 実際にはCLUB SEVENの方は若い感じに進んでってるので
 雰囲気も変わっていってて(と語れる程観てないけど)
 今あれに出て欲しいなーとはそんなに思ってないけれど。


最初のウェディングシンガー。
重さんの可愛いチェックのお衣裳がとてもとても可愛くて、

しかもコーラスの声がまたいい。。。

あと、ギターを弾いているので
重さんの手が大好きな私としては
手をずっと観ていられるのも
もうすごくうれしくて、


あああああ、あいかわらず素敵にかっこよい手だなあーと
見惚れ。

声に聴き惚れ。

でそのお姿にときめくわけですよ。
もう最初っから。




重さんご出演作品って
感想すごく難しいの。

だって、大体重さんにずっと見惚れてたら終わっちゃった。←
というのが非常にストレートな感想。というか状況説明なんだもの。


まあ、出演作じゃなくても碌な感想書いてるわけじゃないとは思うけど
輪をかけてひどいとは一応自覚。

でもそれでも
言葉に上手くならなくても
一番ココロが動くことは間違いないので
自分の気持ちを探りながらちょっと残しておきたい。



とにかく
私の一番幸せな時間であることは間違いない。




全3日間4ステージ中
2日間3ステージしか観れなかったけど、


2ステージ終わったところで
あと1ステかーと思ったら
すごく寂しくって。

終わった後、もうすごくすごく寂しくなってしまうのじゃないかしらと無駄に心配になってしまって、、


でも実際に終わってみたら
すごーく充足してました。


もうチャージ満タンな感じ。

観ている時は
ホントにただ夢中で、

こんなに満ちた感覚になる時間は他にないくらい満たされていて、

私、重さんの舞台に出会うまで、
こんなに満ちた時間があることを知らなかったと思うし、
他の舞台でも他のものでもこんなにまんまるな充足感は味わえないので

ついつい普段もそんな感覚忘れてしまっていて、

だから観ている時はずっとその時間を味わいたくて、
そして観終わったあともその充足感は続くこともつい忘れてしまっていました。


たぶん、まだまだこの時間を思い出しては
にこにこと幸せオーラ全開で過ごしていくと思います。


 他の舞台や他のものは
 それはそれぞれにそれでしか味わえない楽しさがあるので
 どれも大事。

 でも重さんの舞台はそれとは(自分にとっては)別次元というか
 楽しみもあるけどチャージであり、バージョンアップのきっかけ。という感じ。



TOYBOX5は色んなところを思い出しては楽しくなってしまうのだけど
一番はやっぱり

仮面をつけての登場→お客さんをひとり舞台へ連れて行く
→ダンス→グラスにトマトジュースを注いで→ひとつにタバスコを投入
→シャッフル→お客さんにシャッフルしてもらう→間にダンス。

のところのダンス!

振りがものすごくものすごく素敵!

どっしりと力強くかっこよく
指の先まできれいな動き

咽ぶような華やかさが素晴らしく

これを4回しか披露しないなんて
なんてなんて勿体ない!

その奥にこっそりみえるコミカルさというのも楽しくて。


照明と衣装
髪型も相まって
可愛さと美しさとかっこよさとすべてがつまっている。



私は3回しか観てないから余計だと思うけど
正直言ってあんなにかっこいい重さんから目が離せるわけがない。
一応がんばって圭吾さんも麻尋さんもちら見したけど
足りないー。


脳内再生で何回もリピートしてはいるけど
DVDあったらエンドレス再生するよ。したいよ。させてよ。


そもそもさ、DVDだとしてもエンドレスでいきたいくらい素敵なものを
生で観てるんだから
毎回毎回楽しみつくしたいし、


今回お席が毎回違う方向から楽しめるお席だったので
そういう意味でも毎回毎回すごくすごく楽しくて、

どうしたら目が離せるのかホント分からない。


 でもたぶん圭吾さんファンも同文なのではないかしら。




ジキルとハイドパロのドラえもん。

のび太役ということでの
メガネが可愛かったです。


で、そのメガネをかけての
のび太の作る表情が、またよくて。


これをしっかり堪能できる大きさでの上演はとってもナイス。




重さんの歌がたっぷり聴けたのも幸せで胸がいっぱいでした。


替え歌の選曲と歌詞がすごく面白かったので
すごく楽しかった。


 けども、
 オリジナルを聴きたいなーと。

 重さんの素敵な歌声は
 妄想とワンセットになっております(笑

 ジキルとハイドに出演したらという妄想は
 私が実際のミュージカルは観ていないという理由により
 今一思い入れがないのですが、

 メガネを観てから頭の中ではダンスオブヴァンパイアがちらちらします。

 あとはカラオケコーナー観たらとりあえずレミゼのことも考えますがー、

 うーん圭吾さんがアンジョだったら重さんはマリウス?、、、じゃないんだよな。(イメージ)
 いや、歌?歌ってほしい曲で選ぶべき?とか
 真剣に悩みそうになってしまいました。

 まあ私の友人は絶対ジャベールが観たいと主張しておりますし
 それが叶うならばもちろん観たいけれども。


お客さんをステージにあげて
カラオケさせるコーナー。


カラオケ映像をこんなにいっぱい撮影して用意して
しかも全部テイストを替えて。ということがすごく感動的。

 内容はすごく面白くって
 とても楽しかったー!

中でも民衆の歌のカラオケ映像には
もちろんアンジョとして圭吾さんが登場するわけだけど
加えて、岡田浩暉さん、石井一孝さん、石川禅さん、
坂元健児さん、東山義久くんと
何この超豪華映像!

うわーん禅さん!禅さん!禅さん!


もっとたくさんの人に観て欲しいくらいの素敵さだけど
これだけのメンバーじゃなかなか公開するわけにもいかないだろうな。残念。


でも、実際に撮るには大変だったろうなと思ったら
もう色んな意味で感動しました。








圭吾さんの歌はとても素敵で
これだけでも時間とお金をかけた甲斐があると心底思うのだけど

そんな歌をBGMにギターを弾く重さんを観て
ごめんなさいー。

ほんっと贅沢な時間で
それはそれは幸せでございました。






舞台の上の重さんは華があって、かっこよく、ダンスはきれいで、目を離せない。



平素、スケジュール帳に書く重さんの予定を待ってる状態が続いているけれど、


その姿を観るといつも、
なんだ心配しなくても
こんなに素敵な人なんだから
すぐに次の舞台に立たないわけがない。と思う。





重さんは歳を追う毎にどんどん深みがましてますます素敵になっている
これからもきっとどんどん素敵さが増していくはずで

そしたら似合いそうな、というか観たい役もいっぱいある。



楽しみに待つしかないですね。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

WBB「そして、今夜もニコラシカ!」観て来ました | Home | 演劇集団イヌ ッコロ「天爛のパティシエ」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。