日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴェローナの二紳士」を観てきました

Category: 観劇感想   Tags: ヴェローナの二紳士  シェイクスピア  三浦涼介  月川悠貴  

彩の国シェイクスピアシリーズ第31弾
「ヴェローナの二紳士」

11月14日豊橋公演を観てきました。



舞台紹介のあらすじ以上の致命的はネタバレはしてないつもりですが
もしもこれから観る予定がおありなら
何も知らずに観に行くのがおすすめ。

色々聞いたりしてうきうきとそれを楽しみに観に行くのもきっと楽しいけど
知らなかったら驚きも何倍にもなってきっともっと楽しいから。
楽しい!

劇場に入ると
舞台上に所狭しと並べられた物々!

椅子、ソファ、花々、トルソ、木馬、馬、石膏像、…
溢れる物々は私のヴェローナのイメージそのものという感じで
ときめく。


舞台後方には大きな鏡。

どんな舞台になるのかなと
とてもどきどきする。



開演の時が近づき、
舞台上手にチェロとギターが登場。

生演奏なんだ!とテンションが上がる



ヴェローナの二紳士は
何回か上演の情報を観て
行きたい!とは思ったもののどうしても都合を合わせられなくて行けてなくて

だから今回が初見。


どんなお話しなのかな。どんな舞台なのかなと
舞台上からはまったく予測が出来ないから
楽しみしかない。



どきどきでいっぱいになったところでキャストが客席から登場

そしてどこに立つの?というくらい物で溢れたステージに並ぶ。



キャストが登場するまでも楽しく待っていたけれど

キャストが登場してから

ここから
ずっとずっと楽しい時間だった。



芝居はステージ上のみならず客席でも展開される。


客席を横切る キャスト
起きる歓声

観客の顔を観ながら台詞をいうキャスト

もう全部が楽しい
まさにライブ


劇場が変わったらこの辺の動きは変わるんだろうな。

お客さんの反応で色々変わるよねと思うと
他の劇場、他の回はどうだったんだろうと気になってしまう。



チェロとギターの他に
パーカッション、ドラムの生音とそして効果音!


ホントに客席と一緒に出来上がるお芝居の時間で

楽しい舞台が見れたというより、
楽しいお芝居の時間を過ごせたという感じ。




でもって
やっぱり驚いたのは犬!


そういえば犬が登場するんだったと
観てから思い出しました。



可愛かったし、ライブさをかなり感じた。




舞台上の大きな鏡は
演出の面でも効果的にキャラクターを見せていたけれど、

2階席からだと中々見づらい客席側でのお芝居も観ることが出来て、
実用性も兼ね備えているのがまた素敵。







月川くんの作品を観るのは今回が二度目だけど、
印象はほぼ前回と変わらない。



鏡のような役者さん。

相手役が望む姿がそこに映し出されているような印象。

それでいてぼんやりしたところはなく、
誰よりも確かな存在感でその場に立っている。


掴もうとしても掴めない
とても不思議な感覚です。





ヴェローナの二紳士
今回観に来れてとっても嬉しい

こんな楽しいお芝居だったとは!


だけどこの楽しさ、
物語のあらすじや舞台紹介からでは
たぶんまったく伝わらない。


ストーリーというよりも
その場にいることがひたすら楽しいのです。





りょんが演じるプローティアスは
恋人を裏切り、友人を裏切って新たな恋を手に入れようとするけど
そのひとつひとつの行動がとってもチャーミング。

だからこそ
観ていてジュリアの想いに心を痛めながらも、
そのチャーミングさで許してしまいそうになる。


それは驚きのエンディングを受け入れる下地になっていたかも。



このエンディング。

痛快と言ってしまいたくもなるようなびっくりのエンディング。


ストーリーだけ聞くと喜劇?という内容だけど
エンディングは呆気に取られる展開。からの大団円。。





恋とは友情とは
という言い方も出来るし、

そういう展開ではあるっちゃあるけど



ええー、それじゃあここまでの話はなんだったの!という『転』にもほどがあるという
呆れるを通り越すというか、抜けて大笑い。


と思ったら
あれよあれよといううちに
上手くまとまりハッピーエンド。


え?え?え?



このラストを受け入れられるように演じている役者さんたちはホントにすごい!







日本語訳も素敵。

松岡さんの訳は
自然に受け止められて、詩のような言葉を楽しめて。
とても好きです。





波乱の物語も
驚きの演出も
きれいな言葉も
チャーミングな登場人物たちも



どこも全部全部楽しかった。
観に行けてホントに良かったです。

舞台観たことない人に体験してもらいたいなーとすごく感じたお芝居でした。
絶対楽しめる。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

WBB「殺意は月夜に照らされて」を観てきました | Home | ミュージカル「CHESS」を観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。