日本のゲーム機

ミュージカル「ジキル&ハイド」を観てきました

Category: 観劇感想   Tags: ジキル&ハイド  石丸幹二  

ミュージカル「ジキル&ハイド」
 4月9日名古屋公演を観てきました。



※ネタバレ注意でお願いします。




初めてのジキハイでした。


ジキハイ怖い話だと思ってたので
ずっと避けてました。



でも吉野圭吾さんのSUPER参加型LIVE「TOY BOX5」での
ジキハイパロディドラえもんミュージカル(と言っていいのかしら)観て

重さんの歌い上げるジキハイの歌(のパロディ)が
あまりに素敵で


周りの皆様と一緒に大きな大きな拍手を送りつつも

うわー皆さまジキハイもご覧なんだろうなー
(特に圭吾さんファンがいらしてるわけだから当然)


やっぱり観ときたいなと思って
今回観に出かけたのです。







ジキハイ怖い話だと思ってたんです。




でも実際に観てみたら
そんなに怖いとは思わないんじゃないかなと思って出かけました。





。。。。

怖かったです。。。








一幕はともかく
二幕はただただ怖かった。




歌は素晴らしく
舞台はとても素晴らしかった。



だからカーテンコールでは周りの皆様と同じように
立って拍手を送りたかったけど

ホントに怖くて、
終わった時にちょっと気持ちを立て直しきれず
とても立ち上がって拍手することが出来ませんでした。


なんというか
体と何かとの接地面積を広くしとかないと不安で。。。





とても怖かったので
たぶん最初で最後のジキハイだと思います。。。








でも観て後悔かというとそんなことはなくて

どの歌もすごく素敵で、

歌声もだけど歌そのものがとても素敵なものばかりで


そして照明が素晴らしく美しかった!



歓声を上げたくなるくらい素敵でした。


華やかで、次々と舞台の表情を変えて、

この照明の美しさは映像では伝えられないだろうな。と思うと
それを観れたことはとても素敵なことだったなと思います。





歌はとにかく素晴らしかったのと同時に
重さんのあの時の歌声が同時に頭を流れてしまって、


それがちょっと切なかった。

ちょっと涙ぐみそうになった。




ここにいて欲しいな。と つい。



次回公演 重さんご出演なら
怖くても行きますから。
がんばるよ。

(でも重さんがいるとかでもないと
頑張れそうにない怖さなのでした)








一幕は途中まではまだ余裕をもって観られてたんだけど
一幕ラストで大司教様が殺されてしまう場面を受け止めきれなかった。





石丸さんの歌声はとても素晴らしくて
拍手で一幕が終わるのは当然なのかもしれないけれど




大司教様は科学を阻む、
あるいは司教の身でありながら欲におぼれる
悪が倒される 拍手すべき場面とも考えれるのかもしれないし


大司教様のことはどちらかといえば
ムカムカして腹立たしく思ったけれど


でも だけど それを喜べなくて


ただ怖くて



とても拍手することは出来なかった。








ジキル博士は人の善と悪を分ける薬の研究をしていたけれど


善と悪って
この感情は善、これは悪って分類できるものではないよね。




悪がなくなれば戦争もなくなる と言っていたけど
そうなのかな。



どちらにも正義があって争いが起こる。

だけど正義が善とは限らないし。





人を殺すことは悪と仮定して
でもそれじゃあ
ラストでジョンが引き金を引くことは悪なの?



それはやっぱり裏表ではなくて
どちらにもなるんじゃないかな と思った。






人の心を薬で操るなんて という人々に対して
なぜこの素晴らしさが分からないと嘆くけど



何が悪かとかは置いておいて

悪がなくなれば平和で素晴らしい世界になるような気は確かにする。


悪がある世界が素晴らしいとは言えない。



だけど。


人工的に悪を取り除いた世界は素晴らしいのかな。




ちょっと前にサッカーか何かで
(サッカー興味ないからよく分からないんだけど)
なにか大きな大会かなんかあったみたいで
勝てなかったチームに向かってのコメントが全部
「残念だったけどよくがんばった」「素晴らしかった感動した」ばっかりで
まあ試合を観てもいなければ、なんの試合なのかもよく分かってないからかもしれないけど

気持ち悪かったの。

実際にね勝てなかったことを非難するようなコメントがあれば
たぶんむかつくと思うの。たとえ全然見てない興味ない試合でもね。
気分良くはならない。



でもあの気持ち悪さを体感してから


興味を持って観ている試合とかで
日本代表選手とかが期待に応えられなかったような場面で
それを非難しているようなコメント見ると
ものすごく理解してのコメントならともかく
とくに観てなかったろうこのコメント!とかだとすっごく腹立つんだけど
でも
あの時の気持ち悪さよりはまし。と同時に思えるようになりました。




そんなことを思い出したりしつつ。

でもだから悪は必要 とも言えないし

だけど人工的な善なる世界はたぶんきっと気持ち悪いと思う。






今回観に行って初めて気づいたんですけど

今まで私
ジキル=善 ハイド=悪 なのかと思っていたのだけど


ハイドは悪だけどジキルは善というわけではないんですね。

ジキルが善悪が分離していない存在なんだと観に行って初めて知りました。







ハイドが次々と行う殺人。


ジキルは人体実験の許可が下りずに
とても憤って
彼らに憎しみを持ったかもしれないけれど

ハイドにとっては
もしも人体実験の許可が下りていたら
ハイドは現れることはなかったわけだから
むしろ敵ではないはず。なのに
彼らに憎しみをもっているのは

やっぱりハイドはジキルなんだなと思わせた。


だからハイドは悪 というよりも
ジキルの本能 という感じかな。






ハイドが現れて
でも誰もハイドとジキルが同一人物だと気づかない。


もちろん客席にいても違う人物のように感じる。




だからね。やっぱりね
人の在り様は見えるものに現れるのだと思うの。



私 
人は外見9割だと思ってて、

でもやっぱり外身より中身だよ。みたいに言われるわけです。


ただ周りの方が言っている外身と
私が考える外身に大きな違いがあるような気がしてて



たとえば人の顔にしても
表情で印象って違うでしょ。


で、どちらかというと私
人の顔があまり覚えられないの

なんというか表情が違うともう分からないから
ある程度色んな表情をインプットしてからじゃないと
一人の人の顔として記憶出来ないというか。


で、そうなるとどういう表情をよく作るかとか
どういうタイミングで表情が変わるかとか

動き方とか姿勢とか
動きのタイミングとか声の出し方とか

そういう全部が私にとっての外見で


どういう場面でどういう行動をするかとかも外見
外から見えるものだから

その私が思う外見と
他の人がいう内面というものを
どう切り離して考えたらいいか分からない。




だからね。外見と内面は切り離せないと思うの


内面は外見なの。


だからジキル博士とハイド氏が同じ人物だと誰も気づけないの。

ねっ。(と力強く思った。)






今回初めて観たジキハイでしたが

隣の方が幕間にお連れの方に
このあとルーシーも殺されるからと教えてあげてて

え?この後ルーシーも殺されるの!?とびっくりしました。


おかげで
ものすごい怖かった二幕を
多少覚悟を持ってみることができた、のかなー?



まあ半分嫌味だけど半分本音です。








ジキルとハイドの怖さは
自分の知らないところで
自分が悪の存在になっている恐怖
そのことを信じられない のではなくて


ハイドはまぎれもない自分自身だと理解できてしまうところなんだと思う。



だからジキルは最後の場面
ハイドになった姿をエマに見せたくなかった。


それも自分の本心だからこそ
それが人前に晒される恐ろしさ。



辛い物語でした。



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

イヌッコロ「トラベルモード」を観てきました | Home | 劇団EXILE松組「刀舞鬼」観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ