日本のゲーム機

「マイ・フェア・レディ」東京千秋楽を観てきました

Category: 観劇感想   Tags: マイフェアレディ  佐々木重直  寺脇康文  

「マイ・フェア・レディ」
 8月7日東京千秋楽を観てきました。




とうとう東京千秋楽。



なんか私マイフェアレディ観過ぎ?と急に心配になって
妹に「私観過ぎかなあ」って聞いたら
妹は
「そんなことないよ、お姉さん平日は名古屋にいて観てないもん」
って言ってくれたので安心して再び東京へ。






なんか始まる前に急に緊張しちゃって
どきどきしてきて。


何々なんで?
何緊張してるのいきなり。

今日で観るの何回目だよ!
ってかこの先まだ何回観ると思ってるの!


情緒不安定。。。



いやあ。
けど始まってしまえばあとは観るだけです。



千秋楽。
力いっぱい堪能しました。



ありがとうございます。



幸せいっぱいです。




今日もマイフェアレディの曲がくるくると頭を回っております。




重さんの公演期間中は
いっつもこんな風にふわふわした気持ちで
幸せがだだ漏れているんだけど

マイフェアレディは更に幸せな歌がいっぱいなので
従来比3倍くらいふわふわしている感じ。










物語の始め。
紳士淑女の皆様がタクシーやらなんやらで散り散りになっていった後の
下町の行商人や花売り娘たちの場面が力強くて楽しくて大好き。


帽子をかぶった重さんもとってもかっこよくて素敵。


東京千秋楽では
荷物をいつもよりぐるんぐるん回してた。笑


袋を持っていったときに
女の子のおでこをぺしっとしていたのが可愛くて胸キュンでした。



なんだかみんな浮かれた感じで
空気がうきうきと楽しげ。



ジョージも浮かれた感じで
楽しかったー!



楽しそうにターンするジョージの可愛さとかっこよさ。


走り回る可愛さとかっこよさ。



ドゥーリトルとの掛け合い
「ない!」がスパッとした切れ味でした。



まだまだ重さんを見飽きないので
あんまり全体に心が向けられないでいるのですが




この千秋楽はまた一段と素敵な重さんに出会えて、

中でも
アスコットの重さんの素晴らしさ。


毎回今回一番素敵だったと思ってる気がするけれど

すっとしたきれいな立ち姿と
スマートなかっこよさ
そしてコミカルなところもみせるきゅーとさ。

「なんて熱狂的なレース展開でしょう~♪」のとことか大好き。



ここのフレディもちょっと観たいなーと後で思うんだけど

こんな素敵な重さん観ないでまで
見ることないなと今回開き直りました。


 ごめんなさい。ごめんなさい。


だってやっぱりね。
同じ筋なんだけど
毎ステージ一緒じゃないんですものね。

それは動きが違うとかアドリブがあったりとかいうこともあるけど
毎ステージ、今を生きてるんだなーとしみじみ思いました。

その「今」が愛おしいんですよね。





千秋楽の巡査は
今までで一番重さんっぽくて
めちゃくちゃ面白かったです。


最初にこの役観た時は
「重さん?」みたいな感じで。


そのきれいな立ち姿歩き方は
見惚れてしまうんだけど

一番ご自分から離している役なのかなーと思っていて

発声とかもジョージとかと違うしね。



間が素敵だし、

堅さと柔らかさがみえて
この場面とても好きで、

今まで観てきた巡査の場面も素敵だったけれど

千秋楽の巡査は
ちょっと可愛さも見えてスペシャルでした。






そういえば
一幕終わりの
ヒギンズがこっそりとワインを飲むところを
ピアスさんに見られる場面。

ピッカリングも見てることに気付いたのは前回公演でだけど
よく観たら、むしろイライザ以外みんな見てるね。。

ここ。今までいつもイライザに見惚れてたから
気づいてなかった。


微笑ましい。





二幕のヒギンズを見ていて

このヒギンズは
「日本人男性」らしい作り方なのかもと思った。


歌とかセリフとかもだけれど
こういうキャラクターの見せ方も
日本人へ向けた作り方をしているのかもしれない。











重さんの舞台を観れる幸せはこの上なくて。

これ以上幸せはないだろうという想像できる幸せの上にある
想像すらできなかった幸せなのです。


というとちょっと気持ち悪いし
ご本人にもなかなか伝わらないとは思うのですが、



ものすごーく大きな幸せを頂いているので

それは重さん個人からというよりは
舞台を通して増幅されたものなのかもしれないけれど

でもその中心にいるのは
私にとってはやっぱり重さんだから

私が感じている幸せを
少しでもお返し出来たらいいのにな。と思う。



でもなかなかそれも出来ない
というかそう思うのも烏滸がましいのかもしれない。




だから
幸せを感じる分だけ
とにかく一生懸命生きて行こうと思っています。





幸せを本当にありがとうございます。









さてさて
名古屋も大阪もステージの幅も違うし
劇場も大きくなるから
また違って見えるでしょうね。



どんな景色が見えるのかしら。



あー、もー
ねむれやしない
あーさーがまちきれないわー


な気分でお待ちしてます 笑






名古屋にいらっしゃるのが楽しみ!

お待ちしてまーす

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

女体シェイクスピア008「艶情☆夏の夜の夢」を観てきました | Home | 「マイフェアレディ」7/30ソワレを観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ