日本のゲーム機

「小金井薪能」を観てきました

Category: 観劇感想   Tags:  TSUKEMEN  津村禮次郎  高比良洋  

8月28日
「小金井薪能」を観てきました。

 能「紅葉狩-鬼揃」
 狂言「二人大名」
 創作ダンス「YOUKIHI-楊貴妃-」




TSUKEMENが薪能で演奏をされるということで
それは観なくては!と行ってまいりました。


演出・振付は森山開次さんということで
とてもワクワクするコラボレーション。



能は今回で観るのは二度目。

まだまだまだ足を踏み入れたばかりですが
のんびりと楽しみます。



今回は入口で配布されたプログラムの中に
謡が文字に起こしてプリントされたものがあって

すごい!親切!と思ったものの
ざっと目を通したくらいで
のんびり舞台を観てました。


が、途中客席で一斉にぺらっと紙をめくる音が!


え?皆さんそんなにしっかりと文字を追いながらご覧になっているの!?と
驚愕。


すごい。日本人って真面目だ。としみじみ思ってしまいました。



ちゃんと理解しなきゃ という姿勢はすごい。けど
まあ私は私でマイペースに楽しみます。




紅葉狩はお話も分かりやすいし
舞が美しくって初心者向きなのかも?



女性達の舞が可愛くて
ついつい微笑んでしまう。



扇を徳利や杯に見立てるから、
舞を観ていても
扇を動かす度にそこから酔いが回るような、そんな感覚。




そして維茂が眠ってしまった後の
女達の能面のような顔が恐ろしい。


いや最初から能面なんだけどね。。


でもそこまでは
ふんわりした空気が柔らかく
とても可愛らしいお顔に見えたのに

維茂が眠ったなーと思ってその後に女達を見た時には
表情をまったく感じない真っ白な感じに一変していて、

女の美しさと怖さが味わえました。





狂言「二人大名」は
まずお着物が可愛かった!


よくよく考えると
笑い事じゃないのに、笑えてしまう。

男二人の間と動きがね。笑えるんだよ。


ゆったりした空気の中での独特の面白さはくせになる。

楽しかった!



そして休憩を挟んでラストは創作ダンス「YOUKIHI」

すっごい開次ワールドでした!


最初に開次さんからのメッセージとして
YOUKIHIのご紹介みたいなものがあったのだけど

「クラシックでもなく、ポップスでもない
ジャンルレスのTSUKEMENに音楽をお願いした。」というようなコメントがあって

え?TSUKEMEN選んで下さったのは開次さんなのですか!という驚き。


よく考えたら構成担当されてるのだからそうかーという感じなのだけど、
それは思ってもみなかった。


予想しているよりも色んな人が色んなところで繋がっているんだなあ。



小金井薪能は森山開次×TSUKEMENコラボとしては二公演目。

最初の薪能では開次さんが踊られたのですが
小金井ではダンサーは高比良洋さん。


けど世界観はとてもとても開次さんでした。

高比良さんの美しい身体がライトアップされて
光と影から浮かび上がる体の陰影がとてもきれい。


壁に浮かび上がる彼の影も独特の空気を作り出していて
とても素敵だったのだけど


実はこの日雨天の為に本来は外での公演である薪能ですが
高校のホールに場所が変更されました。


だからこそ壁があるんですよね。



ではここ。
本来の会場であったらどんな風に見えたんだろう。


ホールの中は明るいけれど
外であったなら時間的にも薄暗くて

どんな景色が見えたのかなと心惹かれてしまいました。



高比良さんは方士
そして向かった先

蓬莱宮には楊貴妃が。




この楊貴妃が
とにかく可愛くて美しくて。

ただただ見惚れてしまう。



楊貴妃というと
もっと香り立つような美女というイメージだったので、
こんなに可憐なとびっくり。



玄宗皇帝の使いとして楊貴妃を訪ねた方士は
気づけば楊貴妃の想いでの中での玄宗皇帝に。



玄宗皇帝と楊貴妃のダンスは切なかった。






TSUKEMENの音楽。
知っている曲だけど、感じたことのない雰囲気。



ダンサーとのコラボレーションは
聴覚でも視覚でも音楽をみているような不思議な感覚。





楊貴妃が能
方士がコンテンポラリーなのは
生者と死者の差のようにも感じられた。


そこにいるTSUKEMENの存在がまた面白い。

生者でもなく死者でもない存在感。





方士が帰り

楊貴妃もまた場を去り


そこに残ったTSUKEMENの存在によって
彼らの物語は時を過ごし
昔話として語られていく。


音楽の中に物語が収束していくかのようだった。









関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「ハローイエスタデイ再演」を観てきました | Home | 「マイフェアレディ」大千秋楽を観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ