日本のゲーム機

ジャンクションLIVE観てきました

Category: 観劇感想   Tags: 佐々木重直  

「ジャンクションLIVE vol.4
~サンジェルマン デ プレ~」
12月21日、22日昼夜と全通して参りました♪



駆け足な感想ですが
ブログにも上げておきたいと思います。


かっこよかった。素敵だった。可愛かった。目が離せなかった。
ありがとうございます。

やっぱり重さんはとても素敵な方だなぁと再確認できました。



まずはオープニングでの重さん、圭吾さん、小野さんのダンスの素敵なこと!


その次に重さんが踊る小野さんとのダンスは
中性的よりやや女性よりかな と思うけれど、

オープニングは
女性的に感じるところもあるけど
中性的というよりは
どちらも同時に感じるような不思議な雰囲気。


それにしても贅沢なメンバーです。


オープニングからとろとろになります。


最初っから素敵過ぎでなのですが
その次の重さんの登場

小野さんとのダンスの蠱惑的なこと!


一日目も身悶えしましたけれど、
二日目昼はお席も前の方で、
近くで観ると またより一層魔力が強くて!

あまりに素敵で涙出そうでした。



でここまででがっつりと
妖艶で素晴らしくかっこいい重さんを見せてもらい。


で、そこからめちゃかわいい重さんが登場するわけです。

もうカメラマンに扮した重さんが
可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて。

この曲もだけど
同じ振りなのに皆さんめちゃ印象違ってて 
事務所のライブにしても多様なキャストだなーと。



そしてエンディングからアンコールにかけてがまた可愛い。。。。
あんなにかっこいいのにあんなに可愛いって!


どこをとっても、
というか

どれか一曲でも観に来てよかったなーと全力で思えるほど
堪能させて頂きました。


ありがとうございます。
ほんとーにありがとうございます。


重さんのダンス、回を追う毎に磨きがかかったようで
全通出来て幸せでした。




ジャンクションLIVE千秋楽。

舞台奥のカーテンが開いた。

昼までは開かなかったから
あれ?と思っていたら、

その向こうにはきれいな夜景が広がっていました


客席上手側がカーテンだったから
不思議なデザインのホールだなーと思っていたのですが
一面、じゃない
上手側から舞台にかけての二面から外が見渡せる作りなんですね。



こんなに感動した夜景は初めてだと思います。

きっと何度も思い出す景色です。




やっぱり
私にとっては重さん観てる瞬間が何よりも幸福で 充実した時間だと
しみじみ感じました。


かけがえのない時間を過ごすことが出来たから
この幸福にお返しできるように
毎日を一生懸命過ごさなくては。




関連記事
観劇+α ~2016年~ | Home | X-QUEST「最終兵器ピノキオ、その罪と罰」観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ