日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」を観てきました。

Category: 観劇感想   Tags: きみはいい人チャーリーブラウン  村井良大  

「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」
 5月9日名古屋公演を観てきました。




とってもハピネス♪♪♪


大好きなミュージカルです。



前回の日本公演がとても楽しかったので、
今回の公演のお知らせにはすぐ食いついてしまいました。


前回とはキャストもがらっと変わって、

平均年齢もかなり若返っておりますし、
キャスティングのコンセプトが違う感じだったので
きっと印象もかなり変わるんだろうなと思いながらおでかけ。


前回はチャーリーブラウンたちの日常を観ているように感じたけれど
今回はコミックの中をのぞいているような気分になりました。


ビジュアル的にも
前回公演はチャーリーブラウンたちの服装はしているものの
外見は普通にチャーリー、小堺さんだったし。
そんなイメージのまま行ったら

なにこのアメリカンチャイルド!


素っぽいビジュアルなイメージでいたから余計
ナチュラルな作り込みに感動しました。

しかもチャーリーブラウンのフォルムが素晴らしい!


袖口と裾と襟がかなり太めの毛糸でのニットになっていて
靴下とお揃いだからアクセントにもなっているし、
全体的な統一感も出てるし、
何よりあの部分が全体的なぽわんとしたフォルムを作り出していて
ほれぼれしました。



どのキャラクターも全体のバランスがとてもよくて
特に女の子二人は体とお洋服のバランスが素晴らしくて
ルーシーのワンピースの襟とかもう可愛すぎるし!



そういう服装の変化は
前回よりもヴァージョンアップした。というよりも
時代の変化ですね。



あの時はあれがやっぱり一番だったな。と思うんです。
シンプルなイラストだからこそ
色々なアプローチがあって楽しいな。







よくよく考えてみれば
前回は年上の役者さんばかりの公演だったけど
今回は年下の役者さんばかりの公演で

確かにそもそも
キャストさんたちの年齢が若くなってはいるけれど
それに加えて

あれから15年以上経ってるわけだから、
自分自身が年取ってるわけで
そういう相対的なとこも色々印象の変化に繋がってるのかな。






ピーナッツのキャラクターたちは
みんな良いところも悪いところもある子たち。
むしろ悪いところがキャラクターとしての特徴になってる子が多いのに
愛おしい子たちばかり。


悲しい日も楽しい日もあって
でも悲しい日の描写が多かったり
だけどとってもハピネスな気持ちをくれる。



うん。とってもハピネス。
ありがとう。チャーリーブラウン。


そして愛しいスヌーピー。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

ミュージカル「パレード」を観てきました。 | Home | 「ロマンシングサガ THE STAGE」を観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。