FC2ブログ
日本のゲーム機

ミュージカル「レディ・ベス」を観てきました

Category: 観劇感想   Tags: レディベス  加藤和樹  平野綾  古川雄大  平方元基  吉野圭吾  

ミュージカル「レディ・ベス」
 10月21日マチソワ観てきました。



今回完全にフェリペ目当てで行ったので
フェリペ中心に観ようと
偏った心持ちではありましたけれど


フェリペの出番もちょっと少なくなって
役の印象も少し変わったかな。

そして結果
意外と偏らずに観たかも。


マチネは古川フェリペ


古川フェリペは
自分の自由がどこまでなのか確認するために奔放に振る舞って
限界を見て絶望して
絶望するのにも慣れてしまった というような雰囲気。


ベスを見て
その魂の自由さ、気高さに惹かれて
ロビンの自由さに好感と憧れを感じて
二人を助ける。


ラストのベスとのシーンがなくなったことで
より純粋な感情に思える。



そしてソワレは平方フェリペ
自由。。。


平方フェリペ観てると元気が出ます。
全部明るく照らしてくれる感じ。


フェリペは女性の愛人に囲まれて登場しますけれど
男性も好む面があるのでロビンに対しても恋愛的な感情があるのかも?みたいなことを
初演のインタビューで読んだと思うのですが、


実際フェリペのロビンへの接し方は
そういうものを感じさせるし。



で今回観ていて
そういえば
男性、というとロビンには好感を頂いた風だけれど
それ以前に身近にいるルナールはどういう存在なの?と考えてみる。


ルナールも愛人の一人というのもあるのかなーと思って見て見ると
そういうところもあって張り合ってるようにも見えるな。

じゃれあってるというか。


ベスにも好意を持ったし
ロビンにも好意を持ったから干渉した。

でも一番はルナールを出し抜いてやろうといういたずら心。みたいな。


なことを考えながらソワレ観ましたけれど


古川フェリペで考えると
うーん、ルナールを出し抜こうみたいな気持ちはあるかもだけど
絶対好意は持ってない。
そんな風には思えない。






どこまでも二人のフェリペは方向性が違っていて
どちらもずっと観ていたくなるから困る。



メアリーへの接し方も違うけれど
でもこれはメアリーが変わった時、きっともっと色々感じるだろうなと思うので
出来れば違う組み合わせでも観に行きたいのだけど。。。うー。



古川フェリペはメアリーにはまったく興味ない風だったけど
平方フェリペは好感は持てないものの多少興味は出たっぽく観えたかな。



色々掘り下げてみたくなるフェリペが大好き。








そして
初演の時に観ることが叶わなかった
加藤ロビン×平野ベス回をやっと観ることが出来ました!


幸せ。



この二人だとどんな感じになるんだろう???って想像できなかったのだけど
実際に観て見たら甘々で、少女漫画みたいな王道感がありました。


満足。



ベスはロビンに恋をして
少女から大人の顔になった。

ロビンに恋をして
恋を選ぶか女王を選ぶか決断することになるけれど

少女のままならばきっと女王になることは出来なかった。


大人になったからこそ女王になる決断をすることが出来て

だから
恋をしたからこそ女王になったのだな。と感じた。




関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「リチャード三世」を観てきました。 | Home | 「ウエアハウス」観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ