FC2ブログ
日本のゲーム機

「マイフェアレディ」両初日を観てきました。

Category: 観劇感想   Tags: マイフェアレディ  佐々木重直  神田沙也加  

ミュージカル「マイフェアレディ」
 9月15日朝夏・寺脇初日、
 9月16日神田・別所初日を観てきました。

20180917_122214.jpg



今回の公演
前回公演までと大筋では同じなのだけど
台詞とかちょこちょこ変わっていて

前回公演、前々回公演の記憶が邪魔して
あ、、、あれ?と。


15日初日は
変わったところが気になってしまったので
翌16日は
真っ新な気持ちで臨もうと思ったものの
記憶に刻まれたものはなかなか消せず
色々考えこんでます。


まあ、こんなことを考えてしまうのも
基本的に重さん観てしまってるから
中心に集中できてないせいも多分にあるかもなので
申し訳ない。


けど順番に色々考えた結果
たぶんこれまでの受け取り方が
違ったんだなと思ってる。


頭の中では一応整理できた。

ただ実際に劇場に行くと
今まで自分が持っていたイメージが先行してしまうので
もうちょっと今回の公演に集中して楽しまなくては。



ってまあ細かくストーリーに入りこめてはいないわけですが
やっぱり素敵な曲ばかりで
今日も頭の中をくるくる回っていてとてもはっぴー。



初めて観た時は
ヒギンズの「ごく普通の男」とか「男性賛歌」とかが
ホントに腹立たしくてヒギンズ大っ嫌いだったんですけれど

と、言いながら
イライザと一緒に居たいんだよねー
という矛盾に可愛らしさも感じられるようになりました。


で、今回は更に
「ごく普通の男」で女なんかと住むもんじゃないと言いながら
イライザを家に住まわそうとしている段階では
イライザ=女と思っていないからこそのこの歌だけど

「男性賛歌」でどうして女はこうなんだ!って言ってる
女はイライザなんだよね。っていう

彼の中でのイライザが変わってきているのが
こういうとこでも見えるのだなって思って


ホントに少しずつ少しずつマイフェアレディを受け止めていて
だから愛しさも増えていきます。


また新しいマイフェアレディなので
限られた回数の中でもっとそれぞれの世界を楽しみたいです。



神田イライザは
実際に観てみたら
今まで観てきたイライザととても違っていて

少女が変身するのをより一層感じました。

別所ヒギンズとは父娘のようにも見えるので
そういう意味でも今まで観ていたマイフェアレディとまったく雰囲気が違って
もっと浸りこんで観たい。



とはいえ
目が重さんに向かうのも止められ様はずもなく


重さんが舞台に立っている喜びを
ものすごく噛みしめました。


幸せしかない。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」リピートしてきました。 | Home | ミュージカル「マリーゴールド」を観てきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ