日本のゲーム機

伊礼彼方出演*エリザベート観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: エリザベート  

エリザベート/涼風真世
トート/武田真治
ヨーゼフ/石川禅
ルドルフ/伊礼彼方
    の回を観劇。


特に意識してはいなかったんですが、
トートが武田くんでルドルフが彼方くんの回で
予定が合う日、と思って取っただけだったんですが、
偶然にもこの日は
彼方くんの初日の回でした。
正直言いまして、
私も彼方くんと一緒で


帝劇って何?エリザベートって何?


な、状態で観に行ったんですが…。



これは、感想が言葉にならないな。



なんか、言葉にしたとたんに色あせそうというか、


ぴったりと気持ち似合う言葉が
見つからない…。



ひとつ言えるのは…。


私が見た回、


エリザベート第3クール
(っていうのかしら?今キャスト・スタッフの公演)


始まって3日目。


4公演目。



にして、最後。



スタンディングオベーションです。




そもそも、スタンディングオベーションって
そんな見れるもんじゃないですよね。



ま、舞台の雰囲気で
出来る出来ないもありますけど。



が。



千秋楽で…っていうのは
見たことというか、やったことあります。



でも。


3日目、4公演目にして…


っていうのは初めてです。




なんか、



ひとつひとつの公演を
皆さん、すごく大切に観ているんだな と感じました。





あまり言葉にすると
勿体無い!って気分なので、


ちょっとだけにしますが、(笑



とにかくトート。



観に行く前から
トートが気になってはいましたが、



トートとトートダンサー。



ってかトートダンサーが



すごくロック。




で、そのロックな感じと



重厚な格式的な王宮の雰囲気というか
時代的なところと



絡み合っているところが


歴史と新しさを感じる演出で、




絶対また観たい。




武田トートとルドルフも良かったけど、
山口トートとルドルフも観たいなぁ。





もう。トートについて語ろうか。





山口祐一郎さんのトートは
写真でしか観てないんですが、




イメージは「力」



すごく男性的な力強さを感じます。




(写真でしか観てませんが)





他のトートの方も(海外のエリザベートとか)
どちらかというと山口さん的な
男性的なイメージの方が多いみたい。





対して、武田くんのトートは「魔」




中性的できれい。




好みは武田トートなんだけど、



この演出に合ってそうなのは山口トートかも
というシーンもちょっとあったり…。





だから、
この始まったばかりのエリザベート。




来年1月の公演とかもう一度観たいです。




もう上から目線ですみませんが、
その時は、また違ったトートが観れる気がします。



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

高木万平出演*cafe吉祥寺で | Home | 馬場徹&古川雄大* 『キズモモ。』試写会で恋愛観語る

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ