日本のゲーム機

D-BOYS STAGE vol.2「ラストゲーム」DVD発売

Category: その他   Tags: D-BOYS  城田優  柳浩太郎  荒木宏文  鈴木裕樹  加治将樹  三上真史  中村昌也  柳下大  

D-BOYS STAGE vol.2 ラストゲーム
 9月24日DVD発売です
戦前、早稲田大学と慶應義塾大学による早慶戦は全国を沸かせる人気であった。
しかし戦争が始まると、アメリカ生まれの「野球」は、敵国のスポーツとして政府から弾圧を受ける。
両大学の野球部員たちは「野球の灯を消さない」と、必死の抵抗をするが、徴兵猶予解除が決定し学徒出陣をすることになってしまう。
出兵を前に「最後にもう一度野球がしたい!」との熱い思いが、様々な壁を越え、「最後の早慶戦」の実現へと実を結んでいく。


東京・大阪での全17公演を即売した待望の第二弾は、「野球」にいのちを賭けた学生たちの物語。
太平洋戦争下の「最後の早慶戦」をモチーフに、夢と友情に熱く生きた青年たちの人間ドラマを描きます。日本アカデミー賞・優秀脚本賞受賞の羽原大介の脚本と、鮮やかな青春劇を創り出す精鋭 茅野イサムの演出により描かれるオリジナル青春ストーリーを完全収録。


東京公演:2008年6月20日~27日 青山劇場
大阪公演:2008年7月5日~6日 シアターBRAVA!


脚本:羽原大介
演出:茅野イサム

出演:
ハンドルネーム・ワセダ/相本信一郎:城田優
ハンドルネーム・ケイオー:柳浩太郎

相本芳彦:荒木宏文
笠井和也:鈴木裕樹
近松清一:加治将樹
岡島忠之:三上真史
伴東勇介:中村昌也
金本明夫:柳下大
壷谷健一:牧田哲也

平岡:和田正人
安部:中川真吾

那須野秀樹:足立理

阪下誠司:遠藤雄弥(A)/五十嵐隼士(B)
別府豊:中村優一(A)/瀬戸康史(B)

若村:制野峻右(A)/碓井将大(B)

皆川佑馬、三好真、山口賢貴ほか
ピンクのキャストはD-BOYSメンバーではないです。
また熊井幸平くんは都合により出演せず、足立理くんが全日で行われました。)


DVDには、6月25日のBキャストで行われたステージを収録。


□特典
*インタビュー
*メイキング&バックステージ・ドキュメント
▼稽古場(風景) ▼東京公演初日 ▼東京公演千秋楽 ▼大阪公演千秋楽

*アナザーキャスト・バージョン(Aキャスト)
▼遠藤雄弥&中村優一

*柳浩太郎の休憩前コメント
▼24日(昼)公演 ▼24日(夜)公演 ▼25日(昼)公演 ▼25日(夜)公演 ▼東京千秋楽

*カーテンコール日替わり挨拶
▼中村優一 ▼遠藤雄弥 ▼五十嵐隼士 ▼碓井将大



□D-BOYS STAGE vol.2「ラストゲーム」関連ニュース
D-BOYS STAGE vol.2『ラストゲーム』公開舞台稽古(シアターガイド)

D-BOYS総出演の舞台「ラストゲーム」が開幕! 気合十分で“最後の早慶戦”に挑む(TV LIFE)


□D-BOYS STAGE vol.2「ラストゲーム」関連記事
D-BOYS STAGE vol.2「ラストゲーム」初日



ラストゲームの評判はすごくよくて、観に行く前は、大したことないんじゃないかと思いながらも、観に行ったら感動でぼろぼろ泣きました。という感想が多数ありました。
ニュースにも取り上げられてましたがにしおかすみこさんのブログとか、すごく素直な感動が伝わってきました。
ミキ社長のブログにあった柳の評判もうれしくて。
彼らは「若手俳優集団」だけど劇団ではないから、普通の劇団であれば、個々か色々なジャンルや客演などで得た経験を劇団に持っていき、劇団としてのパワーがあがる。というイメージですが、D-BOYSは、D-BOYS STAGEで得た経験が、彼らの糧となり、個々の活動に生かされていくように思います。
まあ単なるイメージなので、結局は同じ事 なのかもしれませんが(笑



関連記事

テーマ: D-BOYS | ジャンル: アイドル・芸能

テニミュ跡部役の井上正大インタビュー | Home | 大河元気*渡辺大輔*Luke.C*DVD発売イベント

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ