日本のゲーム機

桜田通インタビュー「FROGS on Screen」

Category: 映画情報   Tags: 桜田通  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000001-rbb-ent

 6月に首都圏先行上映が行われ好評を博した映画「FROGS on Screen」。その反響を受けて今週、待望の全国公開が決定した。

 今回の全国公開を記念し、本作で主演をつとめる俳優の桜田通さんにインタビューを行った。
――前回の先行上映では、川崎、町田など首都圏4カ所で公開され、好評を博しました。

桜田:そうですね。ある映画館では、その日に上映された作品の中でお客さんの数が1番になったと聞きました。すごくうれしかったですね。

――舞台「FROGS」が映像化された今回の「FROGS on Screen」。舞台作品が映像化された感想は?

桜田:とてもいい経験でしたね。自分の舞台を見るということは普段はできないことなので、勉強になりました。自分の演技を見て反省し、今後の仕事に生かそうと思います。

――映画では舞台ではわからなかった、細かい部分まで映し出されていますよね。

桜田:そうなんですよ。細かすぎて困るぐらい(笑)。気が抜けないというか、汗とかめっちゃ出てるし、呼吸も乱れているし、そういうところまでバレてしまうんですよね。でも映像が本当に鮮明できれいなんですよ。舞台では見ることができなかった表情のアップとかも見れて、舞台を見た人でもまた新たに楽しんでもらえると思います。

――そのなかでも特に「ここを見てほしい」という部分はどこですか?

桜田:一番印象に残っているのは、ラストのみんなで踊るシーン。一番最後にみんなが仲良くなって、全員で踊るシーンがあるんですよ。心の底から楽しんでるというのが表情に出ているので、ぜひ観てほしいですね。

――迫力ある殺陣シーンもありますよね。

桜田:殺陣のシーンは初めての経験だったので、特にがんばりましたね。ダンスのシーンより、さらに緊張感がありましたね。改めて観るとすごく集中してたな~と思い出します。

――殺陣シーンの指導は、演出を手掛けた岸谷五朗さんがされたそうですが、稽古はいかがでしたか?

桜田:最初は怖いイメージもありましたが、実際に話してみたら優しくて、怒鳴られたりすることはありませんでした。でも、やっぱりふざけたり、中途半端な気持ちで稽古するとケガをするので「やる時はちゃんとやれ」と言われて。それで気合いが入りました。それからはみんな、いい緊張感のなか、集中して稽古に打ち込むことができました。

――最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

桜田:また「FROGS on Screen」が映画館に蘇りました。先行上映で観た方でも見る時の心境により感じることが違うし、飽きないと思います。ぜひ映画館に足を運んで、一緒に楽しみましょう!
(RBB TODAYより)




桜田通インタビュー

ほんっとありがとうございます♪



今待ち遠しいのは何といっても「FROGS on Screen」☆

で、しかもこの記事、通前面プッシュで
うれしいんです。


やっぱりこれは電王効果か?




舞台の映像化は、確かにめずらしいけど、
FROGSは、エンターテイメントショウという面が強いので、スクリーンで見る新たなFROGSの表情がとても楽しみ。

単に舞台の映像を流すだけではなくって、新しいショウを見せてくれると期待できる。


来春、*pnish*の土屋裕一くんが客演したキャラメルボックスの「嵐になるまで待って」も映画館で上映されますが、そういったものとはまた違った印象があります。

(キャラメルさんの映画館上映も、それはそれで新しい試みと思いますけど。観に行くし)





更に、FROGS
「僕たちは何度でもヨミガエル」

来年2月に再演決定!


■舞台「FROGS~フロッグス」
2009年2月11日~15日 東京 サンシャイン劇場
2009年2月20日~22日 兵庫 新神戸オリエンタル劇場



楽しみすぎる。

□舞台「FROGS」公式サイト
http://www.frogs-show.com/index.html

□「FROGS on Screen」公式サイト
http://www.frogs-screen.com/index.html


関連記事

テーマ: 好きな芸能人。 | ジャンル: アイドル・芸能

大河元気と優雅なランチ@games | Home | 『イケメンバンク』がイケメン募集中

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ