日本のゲーム機

「さらば仮面ライダー電王」初日舞台挨拶

Category: 映画情報   Tags: 仮面ライダー電王  佐藤健  桜田通  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000000-dal-ent

 俳優の佐藤健(19)が4日、都内で映画「さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン」の初日舞台あいさつを行った。
 俳優の佐藤健(19)が4日、都内で主演映画「さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン」の初日舞台あいさつを行い、ファンに感謝の“さようなら”をした。2007年1月のテレビシリーズ放送開始から主演し、劇場版でも完結編の公開を迎えた佐藤は「人生の大切な時期に電王になれたことを誇りに思う。みなさんの胸で電王が生き続けてくれたらうれしい」と深く一礼した。
(デイリースポーツより)



デイリースポーツをはじめとして、電王舞台挨拶のニュースは多い!
けど、「佐藤健主演映画」って言っちゃうのはどうだろう。どうだろう。

若干のもやもや感が…。



□佐藤健、2年分の感謝 電王シリーズ完結編
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000024-sanspo-ent

佐藤は「2年前の今ごろ、電王のオーディションを受けて12月にクランクインして1年10カ月たちました。大事な時期に電王に出会えてよかった」と感激。(サンケイスポーツより)



サンスポもね。「主演する俳優、佐藤健(19)が…」なんですよね。取材行ってるわけですよね。通は、どう紹介されてるんだろう?って若干の疑問が…。




□さらば電王、佐藤健「僕の誇り」 前売り券は前作比220%の売り上げ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000010-vari-ent

 仮面ライダー電王を演じた佐藤は、約2年前の同時期にオーディションを受けていたそうで、「まさか3度も映画化されるなんて思っていなかった。今はすがすがしい気持ちでいっぱい。胸を張って最後の作品と言えます」と振り返った。さらに、「自分の人生のなかで“電王”を演じているときに高校を卒業したり、いろいろと大きな変化がありました。“電王”になれたことが僕の1番の誇りです」と場内のファンを見わたしながら感慨に浸った。

“NEW電王”として同シリーズ初参加となった桜田は、佐藤からのアドバイスが参考になったそうで、「とりあえず流し目をしておけば大丈夫、と言われました。無事に主演を務められて自信になった」と屈託なく笑った。(VARIETYより)



流石にVARIETYは主演「桜田通」ですね。よかった。





□佐藤健も“流し目王子”だった!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000005-oric-ent

桜田に送ったアドバイスを聞かれると「あんま覚えてないんですけど」と頭をかきながら「とりあえず流し目しとけって」。天才女形・早乙女太一ばりに、主役とともに“流し目”を引き継いだ桜田も「言われました。忙しい健君から電話がもらえると思ってなかった」と喜んでいた。(オリコンより)



VARIETYの記事にもありますが、この「流し目」アドバイスってウラが入った時の演技に困った通に健くんがアドバイスしたって話しですよね。
これだけ見ると、どんな役なの!?って思っちゃうんですけど(笑





□他、「さらば仮面ライダー電王」関連ニュース
<仮面ライダー電王>「最後はさみしい」劇場版ファイナルに佐藤健が感謝のメッセージ 初日舞台あいさつ(毎日新聞)

神田沙也加、桜田通にガン飛ばし…「劇場版 さらば仮面ライダー電王-」(スポーツ報知)




■「さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン」佐藤健インタビュー
 →Yahoo動画


佐藤健くんのインタビューがYahoo動画にUPされてました。

なんか、もう最近は主演の佐藤健でいいかな って思えてきました。
通のファンだから ついつい 通が主演じゃん!って思ってしまってましたが、
それは分かった上で、「電王」主演の佐藤健くんとちょっとはしょってるわけですよね。
確かに、短いニュース記事の中で、テレビシリーズは健くん主演だが、今回の映画は通が主演と説明たらしく入れるよりは、そこをはしょって主演の佐藤健で言っちゃった方が、記事に勢いが出る と思ったんだろうと思うことにしました(笑。



関連記事

テーマ: 好きな芸能人。 | ジャンル: アイドル・芸能

五十嵐隼士「大決戦!超ウルトラ8兄弟」大ヒット御礼舞台挨拶 | Home | 桐山漣くん*胸キュン調査隊

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ