日本のゲーム機

五十嵐隼士「大決戦!超ウルトラ8兄弟」大ヒット御礼舞台挨拶

Category: 映画情報   Tags: 五十嵐隼士  ウルトラマン  

公開中の映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の大ヒット御礼舞台あいさつが4日、都内で行われ、主演のV6・長野博吉岡毅志五十嵐隼士と、黒部進森次晃嗣団時朗高峰圭二の伝説のウルトラ兄弟こと“ダンディ4”が登場した。
ミライ役の五十嵐は、小さいころからダイゴ役の長野にあこがれていたとのこと。「小学生のころにティガを見て、長野さんにあこがれていたんです。『学校へ行こう!』(TBS系)の“未成年の主張”のマネをしたり、副生徒会長だった僕の独断で、朝礼で体操をするときの曲に『WAになっておどろう』を選んだりしていました」と、学生時代のエピソードを明かした。また、緊張でなかなか言葉が出ない五十嵐の背中を高峰がポンと押して、長野と五十嵐が熱い抱擁を交わすといったほほ笑ましい場面も。

そして、「そんなあこがれの長野さんの誕生日ということで、プレゼントを用意しました~!」という五十嵐の呼び声とともに、ウルトラ8兄弟が赤いバラを持って登場。実は舞台あいさつの5日後の10月9日(木)は、長野の36歳の誕生日。この日、サプライズで長野の誕生日会が行われた。
webザテレビジョンより)




長野くんのバースデーサプライズなんですが、かなり隼士中心記事(笑
やっぱりweb記事では長野くんの写真は使えないし、そういったことで、こうなるんですかね?


最近は、初日だけじゃなく、大ヒット御礼の舞台挨拶というのも行われるようになってきて、俳優さん方を間近で拝見する機会が増えてきましたね。


ブログの普及によって、エンタメ業界そのものがコミュニケーション型になってきたのかな。なんてことを考えたり。


関連記事

テーマ: D-BOYS | ジャンル: アイドル・芸能

吉田友一*豊永利行「Room of King」 | Home | 「さらば仮面ライダー電王」初日舞台挨拶

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ