日本のゲーム機

郷本直也*伊勢直弘出演「ハイカラ」観てきました♪

Category: 観劇感想   Tags: 浅沼晋太郎  伊勢直弘  

浅沼晋太郎さん作・演出
 郷本直也くん、伊勢直弘さん出演の
ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm公演
 「ハイカラ」12月13日昼公演観てきました
とにかく
浅沼晋太郎につられて観に行きました。


最近、瑞樹くんや*pnish*で浅沼づけ気味で
 浅沼さん作品やるなら観たい!観たい!観たい!
って、

今回浅沼さんも
同時公演の「シーサイド・スーサイド」に出演していますが
完全に浅沼作・演出に惹かれてますからね。


そういう意味では
役者さん目当てじゃなく観劇上京って初かもしれません。


なんだかんだで
1回の上京で観る公演数が増えていますが
それでもどれかひとつの役者目当てのついでに
あれもこれもだからなー。


うん。やばいです。
浅沼さんの作品面白いんだもん。


そして今回太宰ですよ。


太宰治をはじめとする文豪やその妻たちのすれ違いっぷりも
もうめちゃ面白いんですが


その前に
まずさ


太宰治、坂口安吾、井伏鱒二


もうこの時点でときめくからね。


で、その
太宰治役が秋枝直樹さん
坂口安吾役が伊勢直弘さん
井伏鱒二役が多根周作さん

それからさらに
織田作之助役が郷本直也くん
川端康成役が押野大地さんです。


秋枝さんの太宰は
ちょっと私の太宰のイメージとは違いましたが

そんなことはどうでもいいです。

すごくいい味出してます。


そこに織田くんと坂口くんが絡むわけですが
織田くん役のなおやんは
関西弁の役なこともあって
どこか素っぽい気持ちで見ちゃうところもあるんですが
でもやっぱり直也ではなく
織田くんなんですよね。


今まで見てきた直也のやってた役が
結構キャラが濃い感じが多かったように思うので
なんだか新鮮な気持ち。


妻の一枝役の小原さんともいいコンビで
今思うと彼が一番新進気鋭の若手作家っぽかったかも(私イメージ)


で。

ででで。


今回の一番のときめきポイント

坂口安吾、伊勢さん。



まずね。坂口安吾が好きなわけです。


もう今回の登場文豪の中ではダントツで安吾ファンなんです。


だからこそどんな安吾なんだろうという気持ちもいっぱいだったんですが

伊勢さんの安吾
素敵すぎる…。


まず衣装が良かった。

あの茶色の色合いで
ちょっと太目のズボン。
それにベスト。


昭和初期のレトロな雰囲気がすごくあって

そう
それにあのメガネ。


丸メガネがなんて似合うんでしょう!


我かんせずといった
たたずまいも素敵だったし

それからあのどうどうとした嘘つき具合。


ああ もうどこをとってもときめきました。


今回1回しか観れなかったけど
もし2回観てたら2回目は絶対
安吾だけ観てた ってくらいは素敵だった。


ストーリーはもちろん
すごく面白かったけど
何よりもこの安吾と出会えたことで
しばらく幸せに生きていけます♪
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

鈴木拡樹*滝口幸広*篠田光亮出演「白虎隊 ザ・アイドル」 | Home | スタジオライフ「トーマの心臓」×「訪問者」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ