日本のゲーム機

城田優*ミュージカル「エリザベート」出演

Category: 上演情報   Tags: エリザベート  城田優  伊礼彼方  浦井健治  

城田優くんが
 ミュージカル「エリザベート」に出演
□「エリザベート」

そこは死者の国―
 死者の国の裁判官は、ハプスブルク帝国最後の 皇后エリザベート(朝海ひかる瀬奈じゅん) を暗殺した イタリア人無政府主義者、ルイジ・ルキーニ(高嶋政宏) を尋問している。
ルキーニは、「皇后本人が望んだんだ!」と叫ぶ。
皇后は死の帝王・トート(山口祐一郎石丸幹二城田優)を愛し、“死”は皇后を愛したと・・・。
ルキーニは皇后エリザベートと、彼女と同じ時代を生きた人間たちのことを語り始める。
  19 世紀オーストリア・ハプスブルク帝国。
ヨーロッパ列強諸国との外交と戦争に消耗し切ったオーストリアは、旧弊と退廃の中で、衰退の一途をたどっていた。
1853年。
エリザベート母・ルドヴィカ(阿知波悟美春風ひとみ) の 姉ゾフィー(寿ひずる杜けあき)は、時のオーストリア皇帝 フランツ・ヨーゼフ(石川禅)の母であり皇太后である。“影の皇帝”として帝国を支配していた。
ゾフィーは、フランツ・ヨーゼフとエリザベートの姉との見合いを手配する。
後世まで語り継がれる君主を目指す若き皇帝フランツ・ヨーゼフが我が妻にと選んだのは、豊かな自然に育まれ、自由な心と魂を宿すシシィ(エリザベート)であった。
姉の付き添いに来ていたエリザベートとフランツは、一目で惹かれ合う。
固い絆に結ばれたかに見えたが、その愛は帝国の破滅への序章であった。

1854年にエリザベートとフランツは結婚。
ゾフィーは、オーストリア皇后としての厳しい教育をエリザベートに課す。
堅苦しい宮廷生活に息がつまり、自由を求める気持ちが募るエリザベート。
自由を愛するエリザベートにとって、宮廷での暮らしは苦痛以外の何ものでもなかった。
姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自らの手で子供を養育することも叶わない。
人間であるエリザベートに恋をした死の帝王であるトートは、その気持ちを“人生への絶望=死”へと誘惑するが、彼女はそれを拒む。
それは長く孤独な闘いの始まりでもあった。
王室での孤立感と無力感、愛娘の死など、不幸な出来事の日々が続くその背後には、いつもトートがいるのだ。
彼女はくじけない。
そんなある日、エリザベートは自分の美貌が武器になることに気付く。
夫であるフランツに強い態度で迫り、母であるゾフィーより自分を選ばせる。
子供の養育権も手にして、ついに姑ゾフィーとのいさかいに終止符を打つ。
そして、皇后として生きることは受け入れても、夫である皇帝には、「人生を共に生きたとしても、私の人生は私だけのもの」と宣言する。
 栄華を極めたかに見えたエリザベートではあったが、彼女のまわりには、やはりトートの影がつきまとう。
自身の体調の不良から、夫の許しがたい不義を知る。
エリザベートを絶望の淵に追いやっても、トートは勝利=彼女の愛を得ることができない。
トートの望みは、エリザベートが心から自分を愛してくれることだ。
その日がくることを静かに待つトートはフランツとエリザベートの息子であり 皇太子ルドルフ(田代万里生伊礼彼方浦井健治)に忍び寄る。
 月日は流れ、1889年。
エリザベートの孤独は、ルドルフの魂が助けを求める声も聞くことができなかった。
ルドルフは、絶望の果て、マイヤーリンクで自らの命を断つ。
今や、「死」は彼女の願望となるが、それは、トートの求める真のエリザベートの姿ではなかった。
“トート=死”は、エリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになる。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味することであることも、エリザベートは知っていた。
  滅亡への帳が下りるハプスブルク帝国。
1898年スイス、レマン湖のほとり。エリザベートに運命の日が訪れる・・・。 (公式サイトより)

2010年8月9日(月)~10月30日(土) 帝国劇場

出演
エリザベート(オーストリア皇后):朝海ひかる 瀬奈じゅん

トート(死の帝王):山口祐一郎 石丸幹二 城田優
ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者):高嶋政宏
フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝):石川禅
マックス(エリザベートの父):村井国夫
ルドルフ(オーストリア皇太子):田代万里生 伊礼彼方 浦井健治
ゾフィー(皇太后):寿ひずる 杜けあき
ルドヴィカ ( エリザベートの母 ) :阿知波悟美 春風ひとみ

エルマー:岸祐二
マダム・ヴォルフ:伊東弘美
リヒテンシュタイン伯爵夫人:小笠原みち子
ヴィンディッシュ:河合篤子
ツェップス:広瀬彰勇
グリュンネ伯爵:治田敦
シュヴァルツェンベルク侯爵:阿部裕

男性アンサンブル:
大江尚毅 奥山寛 川口竜也 近藤大介 さけもとあきら 白石拓也 武内耕
谷口浩久 田村雄一 俵和也 中山昇 橋本好弘 横沢健司

女性アンサンブル:
家塚敦子 石原絵理 柏木ナオミ 木村晶子 久路あかり 栗原朗子 首藤萌美
園田弥生 中山旦子 樋口綾 美妃 水谷祐紀 南海まり

トートダンサー:
飯田一徳 加賀谷一肇 佐々木信彦 柴一平 白髭真二
西田健二 東山竜彦 宮垣祐也


チケット一般発売
 8月分:6月5日(土)
 9月分:6月12日(土)
 10月分:7月10日(土)
 →詳細購入はこちら
 ※8月分:~5月30日 18:00先行販売中


□帝国劇場「エリザベート」公式サイト http://www.tohostage.com/elisabeth/index.html


8月~10月のエリザベート公演は
心待ちにしていて

今回キャストは誰かなーとか思っていたんですけれど

まさか まさか城田優くんが出演するとは
もうまったく想像だにしませんでした。

しかもトート。

武田トートが見れないのは残念だけど
新しいトート二人が見れるのは楽しみでもあります。


が、トートか…。


正直いうと心配もあります。


だって大好きなエリザベートです。


城田くんの今までの演技とか
色々なことから想像するとステキなトートになるだろうと思います。


けどけど何しろ新しいトートです。


城田トートは絶対新しいトートだよね。


石丸トートは想像ではクラシックよりなトートになるのかな。と予想ですが

うわ もう3人とも絶対全部トート観に行くし。



で、今回ルドルフもトリプル
で、伊礼くん、浦井くんはみたことあるけど
プラス田代さん。
日程的に これは月一上京観劇ですね。



まだキャスト日程確認してないんだけど…。


そしてできることなら全組み合わせみたいけど
それはさすがにムリなので


城田トート×伊礼ルド
山口トート×田代ルド
石丸トート×浦井ルド


で観たいかなー。


あああ もう今から気持ちは8月に...


[5/19追記]
ビジュアル解禁されましたー。

で、トート。
ラインとしては予想通り
山口トートの重厚さと武田トートのビジュアルロックな感じの中間的な

いや この言い方はちょっと語弊があるか?

うーん

でも ま 間っぽいビジュアルになるんだろうなーと予想してたんです。

で、見た。


予想以上でありました。


確かにラインとしては予想通りなイメージだったんだけど

予想以上の美しさ。


うわー このトート楽しみすぎるじゃないですか。


どきどきしてきた。


石丸トートはね。
予想よりも可愛い感じでした。


どんなトートになるんでしょう。


あー ホントどきどきですよ。



**関連記事
伊礼彼方出演*エリザベート観て来ました♪
エリザベート観劇



帝国劇場

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

広海*深海「踊るさんま御殿」出演 | Home | ミュージカル「冒険者たち」再演

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ