日本のゲーム機

荒木健太朗*鈴木拡樹出演「愛、時を越えて~遥かなる時空の運命」を観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: 鈴木拡樹  荒木健太朗  

荒木健太朗くん、鈴木拡樹くん出演の舞台
 「愛、時を越えて~遥かなる時空の運命」
7月4日御園座千秋楽を観て来ました
これがあったから
3日東京泊で
4日朝7時30分に新幹線で名古屋へトンボ帰り。


うん。一泊してトンボ帰りって表現変だけど
気持ち的にはまさにトンボ帰り。


しかも前夜は興奮してて寝付けなかったので
眠い眠い(笑



で、まあひろぽんが御園座立つっていうからさ
それは観に行かないわけには行かない!とばかりにチケット取ったんだけど。


これ、
「愛、時を越えて」

以前、笹木重人さんが
黒田長政役で出演された舞台だ!と

チケット取ってから気付きました。


で、じゃあ今回長政は誰がやるの?って思ったら

高山猛久さん。風魔の小次郎 劉鵬ですよ。


あら


でも重さんと
高山さんじゃ結構イメージ違うなーとか思っていましたが


もうね、重さんが出演されてた作品だって思い出しただけで
もう長政気になっちゃって。

めっちゃ長政見ちゃいましたよ。


で、しかも妄想の中で重さんも観えそうでした。



すいません高山さん。




そんな重さん(脳内だけ?)ツーデイズでしたが、

ちょっと妄想は置いておいて。



うん。
戦国スペクタクルロマン。


好きな武将がちらほらで楽しかった☆



とりあえず、重さん置いておいても長政は好きな武将のひとりだし、

あとはなんといっても石田三成。
 山口馬木也さんの三成はかっこよかったー。


直江兼続…の出番は少しだったけど


家康役の長門さんもステキだった!

ってか家康そのもの(ってみてないけど)
このタヌキって心の中で何度もつぶやいたよ。


食えない感じで、いい家康だった。


そんな家康に仕える服部半蔵が荒木くん。


うーん、どうしてもナナシが頭をよぎるけれど
佐野瑞樹くんの服部半蔵は派手だったけど(笑


荒木くんの服部半蔵は地味だった。


なんか可愛い。


個人的には服部半蔵にはもっとオーラ的なものを出して欲しかったけど
あの半蔵は、ちょっと情けない感じ。


それも可愛くって良かったけど
半蔵のイメージじゃなかったな。


って、あの中で半蔵までオーラだしてめちゃ強く活躍しちゃったら
ダメですからね。仕方ない。


ひろぽんは桜丸って、ナルシストっぽいイケメン剣士?でいいのかな?な役。
とはいえ、最終的には踊り子さんになっちゃう感じでしたけど

なんかね、
出てきたひろぽんみて
誰かに似てるって思ったの。


でも思い出せなくて
誰だろう 誰だろうって思ってて

あっズッキーだ!って。



いやいや、ひろぽんとズッキーが似てるのは名前だけだと思ってたんだけど

なんかね、桜丸は
何だろうメイクと表情?が
6列目の私の席からはズッキーっぽかった。


ってなんだその感想。ですよね。



まあ 顔やら雰囲気やらは置いておいてっていうか
(置いておいてばかりですねー。すみません。


ひろぽんってホント舞台ごとに雰囲気変わるなーって思ってるんです。

でも、その変わった雰囲気の中に飄々としたひろぽんらしさがあって
つかみどころのない役者さんってイメージだったんですけど

桜丸はこれまで観た事がないようなひろぽんで
男らしいというか(そういう役ではないんですが

なんていうだろう芯が強いというか
どっしりしている?


なんか私の中の鈴木拡樹像を一新してしまった気がします。


これの次の作品とかどんな演技をみせてくれるのかすごく興味があります。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

崎本大海出演舞台「忠臣蔵」 | Home | 笹木重人出演「プラスワン vol.3」を観て来ました♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ