日本のゲーム機

「マグダラなマリア」観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: マグダラなマリア  

マリア・マグダレーナ来日公演
「マグダラなマリア~マリアさんの夢は夜とかに開く!
 魔愚堕裸屋、ついに開店~」
8月15日夜公演を観て来ました
まずはなんといっても
舞台美術のステキさ。


相変わらず
というか丸尾末広さんは
なんてステキすぎなの

ともう舞台セットみただけでお金を払った価値があると思いましたよ。

上の提灯とかもたまらないし、
屋根裏のお部屋とかも
もっとまじまじとみたかった。

一番ときめいたのは屏風かな。


あのお部屋最高。


ああDVDでもっとまじまじとみよう。うん。




さて、
肝心のお話し。



今回は
すっかりソフィ(ローズマリー)とアンナが持ってた感じ。


ソフィの可愛さっていったら
前回よりも更に更に可愛かった

でも時系列的にはこちらの方が先だから

この無邪気な少女が
ああなるんだな って思うのもありだな。


マッチ売りの少女設定も
ベタなんだけど
それがいいんですよね。

でもあれ女の子でやっちゃだめだよね
女の子だったらかなり生々しい。



米原くんだから
少女の無邪気さというか
そういうものが出るんだろうな。




で、ローズマリー同様
再び登場クリッパラ。



えっと
クリッパラは今回なんだかあやしい感じ。

結局クリッパラってナニモノ?みたいな。


なんか伏線回収してないっぽい気がしてなりません。

続編とかで回収されるのかなーって
期待 期待。




アポロとセシル。


ってかセシル。




あー佐藤くん成長したなーっていうのが第一印象。

うん。本人も前より男っぽくなってしまったので
がんばってる というようなことを言っていたと思うんですが


確かに前は完全に少女にしかみえなかったけど
今回は、やっぱりちょっと男の子っぽさがありますね。


うーん。原因の一端は衣装にあると思うんですが。


やっぱりね。腕は出したら男らしさが出ちゃうと思うんですよ。
そこがまた倒錯的でよい点ともいえますけど。



で、セシルとローズマリーのツーショットは
可愛すぎて目もくらむ(笑



少女




少女たち




二人メインで少女の秘密の冒険
的なモノやったりはしませんかね。(妄想)





エスメラルダは
さすが小野田くんです。



キャラクターというよりも
その存在感。立ち位置が絶妙でした。



マリアさんやグレイスと張り合えるくらいの存在感があり
けど一歩引いたような立ち位置で。





そしてすごいと思ったのは
アンナも。



アンナって
私最初に写真みたとき(写真が小さかったのもあるけど)
女性だと思わなかったんですよね。



男性の役だと思ってたの(役名も知らなかったし)



そしたら記事とか読んで
あ、

女性役なんだって分かって。




で、他の女性キャラて皆様
ドレスとか、まあロリ服とか
女の子な衣装じゃないですが。



けどアンナは軍服なんですよね。


服だけで女性だと思わせることはできない


のに、太田くんのアンナは見事に最初から女性だった。


仕草の美しさとかからそう思えるんでしょうか。
すごいな。





ペーター可愛かった♪


少年♪って感じで
純粋な感じで
利用されてるようで
でも聡く立ち回っている感じとか
少年 って感じ。




マグダラなマリア。

もちろん今回もDVD買う気満々だったのですが
はじめて会場で予約受付してまして。


でも
今予約するのは面倒だなーなんて思って



特に、会場予約特典もないし



なんて思いつつ観劇し、





プリンが出てきた瞬間に
うわ 予約!って思いました(笑



ステキすぎた。




幕間で予約して
あとは発売を待つばかり。

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

佐野瑞樹出演ミュージカル「アプローズ~映画『イヴの総て』より」 | Home | 「宝塚BOYS」を観てきました♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ