日本のゲーム機

BECKを観て来ました♪

Category: 映画感想   Tags: 三浦涼介  川野直輝  桜田通  佐藤健  水嶋ヒロ  



水嶋ヒロくん、佐藤健くん
 向井理くん、桐谷健太くん、中村蒼くん出演の映画「BECK」を
川野直輝くん、桜田通くん、三浦涼介くんお目当てに観て来ました(笑
映画自体は
短い時間なので
その中での健くん演じるコユキの気持ちの振り幅が大きくって
結構のめりこんで観ないと
ついていくのが大変かもしれないと思いましたが

でもワタシ
映画はいつも相当がんばって観てついていってる感じで観てるので

ということは
私的にはちょっとのがんばりが必要だけど
映画見慣れてる人には普通なのかもしれません。

うん
そんな気がしてきました。




立ち止まっても前に進もうというか
もう後ろには戻りたくないんだみたいな

前向きというよりも
後ろなんて見てられない って気持ちになりました。


そしてヒロくんは
前を向いて行っちゃったのかな。





さて
そんなメインどころはおいておいて
今回一番のメインは川野直輝は何役なのか
です。



どう考えてもドラムだろうし
なんだろうライバルバンドだろうか
とか考えていましたが

BECKの初期メンバーで
中村蒼くん演じるサクの前のドラマーでした。


なもんで
最初に出てきて
サクとBECKの接触とともに退場してしまいました…。


でもこの役。
最初にちょっと出てくるだけとはいえ
やっぱりドラムをちゃんと叩けないといけないし
かといって
それだけでドラムを一から覚えるというのは…
というあたりから川野ちゃんキャスティングなのでしょうか?


マンガ読んでないので

それとも川野ちゃんっぽいキャラなのでしょうか東郷。


いっぱい出てきたのは
兵藤マサル役の桜田通くん。


最初、役名聞いて
調べてみたら
コユキをパシリに使う不良のトップ?みたいなキャラで
ビジュアルみても
なぜ 通?

って、思いが強かったのですが
実際映画でみたら

通くんはしっかりと兵藤を演じていて
違和感がなかったかというと
ワタシの気持ち的違和感は若干あったけど

 だって、孫がおじいちゃん苛めてるわけだよ。

今までみた事ない通くんで
なんかシーンとマッチしないけど
じーんと来ました。


なんだか通くんは
俳優さんとしてどんどん広がってる気がします。
これからもとても楽しみ。



そしてりょんですよ。


川野ちゃんは最初の方でいなくなっちゃって
通くんは探すまでもない役で


で、
りょんはどこに出てくるの って
観ておりましたところ


ライバルバンド「BELLE AME」のバンドメンバーとして出演してました。


でもね
りょんみつけたの
ホント最後の最後のシーンで

でもBELLE AMEはその前にもバンドシーンがちょこちょこあるわけで
あー あの辺みてなかったよ という悔やみ。



けど
最後のライブシーンでのりょん
やっとみつけた!ということもあるけど
はっちゃけててステキだった。


関連記事

テーマ: 見た映画の感想 | ジャンル: 映画

「エリザベート」観て来ました♪ | Home | 「エルドラドの夜」観て来ました♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ