日本のゲーム機

映画「大奥」を観て来ました♪

Category: 映画感想   Tags: 二宮和也  阿部サダヲ  玉木宏  


二宮和也くん主演
 映画「大奥」を観て来ました
まあ 原作よしながふみのファンなのです。



大奥。


観ようか
止めようか

どうしようか

と思っていたところ


玉木宏さんの松島の写真がめちゃかっこよかったので


これは観なきゃと行ってきました。






…で。





完璧に原作通りでした。


映画オリジナルのエピソードもあったけど
原作をより掘り下げてる感じで

すごくよい仕上がり。




映画の「大奥」は
男女逆転の世界での男女の力関係というか
接し方がすごく繊細に作られている気がして


その男女が接するときの雰囲気が
とても素晴らしくって


なんていうんでしょう


男性よりも女性の方が強くって

けど 男性が少ないことにより男性の優位性があり

その中での男女の関係性が

実際の男女の数が半々の現在のように男女が接してはおらず

だけど単純に男女の位置を入れ替えただけのような接し方でもなく

ものすごくデリケートに
だけどすごくリアルな感じに接している


その雰囲気がすごかった。




その全体を通した世界観の表現と
キャラのステキさ。



中でも一番は
加納久通。


和久井映見さんです。



久通の控えめな存在感と
有無を言わせぬ力強さが

もうまったくの原作通りの久通で


感動した。


和久井さんすごい。






そして
阿部サダヲさん演じる杉下。



良かったよ。


もうね


阿部さんをキャスティングした人に拍手を送りたい。




阿部さんは
ビジュアル的には杉下じゃないんだけど

でもね

もう阿部さん以外の杉下は考えられない。




杉下には良いセリフがいっぱいあるけど


そのどれもをすごく良く言ってくれた。




泣かされました。





そして
泣かされたと言えば
中村蒼くん演じる垣添にも泣かされた。




垣添もね
ホント原作の雰囲気のままで


すごくどきどきして
すごく感動した。






佐々木蔵之介さんの藤波と
玉木宏さんの松島は

その美貌と狡猾さがさすがといった感じで



特に松島は
最後のセリフが
とても松島のかっこよさを後に引かせてくれました。





実際
ストーリー自体は
もう何度も読んでる大奥 水野編 そのままなので

個人的な目新しさはないこともあり
すごく細かいとこばかり見てしまうのですが




細かいとこでは
瀬川。



あの いやーな感じの笑い方

さすが細田よしひこくん。

心底むかつくようなイヤらしい笑い方で
上手いなー細田くんは。





鶴岡の大倉くんも
すごく鶴岡でしたし


満足です。





で、二宮くんの水野。



水野って、
この短い映画の時間の間に
立場がどんどん変わるんですよね。



で、水野は
その立場の変化への順応性がすごく高いと思うんです。



二宮くんはその変化をすごく自然に演じていて

原作の水野とイメージは違うけど


この自然さこそが水野だなーと感じました。

関連記事

テーマ: 見た映画の感想 | ジャンル: 映画

ミロンガに咲くバラを観て来ました | Home | 舞台「キサラギ」を観て来ました♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ