日本のゲーム機

三浦涼介くん出演の「ACT泉鏡花」を観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: 泉鏡花  三浦涼介  


三浦涼介くんと
Studio Lifeの松本慎也くん、山本芳樹くん、曽世海司さん出演の
音楽劇「ACT泉鏡花」の名古屋公演を観て来ました
泉鏡花の作品は多く舞台化されてはおりますが
今回初見ですので

今までにない感じなのかは
ちょっと実感としてはわからないのですが


幻想的というか
エセ和風というか

独特の雰囲気はすごく好みでした。



AKB48とStudio Life
と言われていたわりには
Studio Life度が低いというか

女の子が目立った舞台でした
可愛かった。



男性たちは
女の子を引き立てる役という気がしましたね。



特に最初の曲が
お人形の曲ですが
女の子達がお人形っぽくみえて

なんだろう髪型のせいかな

お人形にしては生き生きしすぎなのに
なぜかお人形っぽいと思えて
可愛かった。


そのイメージで全編みたからかもしれないけど
女の子の可愛さが前面に出てた。


けども
AKBメインというわけでもなく


その
AKBの女の子たちと


お話しの外側に位置する
宮菜穂子さんと三浦涼介くん演じる卯と酉

卯と酉は
位置的には物語の外側にいるのに
微妙に物語の中にも入り込んできて
その混ざり具合が
不安定な世界観になっていて夢見心地です。



それにしてもりょんは酉役ですよ
これにはちょっと笑ったというか

だってねアンクは鳥系のグリードなんですよね。

でACT泉鏡花では酉。



トリ付いてるなーと。



りょんはホントに人外似合うなー。

それに宮菜穂子さんとのコンビがまた良かった。


独特の雰囲気があって
他の人には出せないだろうなーという味があります。





そしてー
近藤正臣さん。


私の中では今でも
丹下左膳のイメージ。



05年「劇場の神様」のかっこいい左膳を思い出しますが

あの時よりも
ずっと若返ってる感が…。




▼「ACT泉鏡花」DVD 1月8日発売
 http://www.pre-cam.jp/akb48/izumikyouka/

関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

X-QUEST「七人の息子」 | Home | ミロンガに咲くバラを観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

三浦春馬写真集 Switchマガジンハウス 刊発売日 2010-02-05 春馬...

2010.10.24 (Sun) 19:21 | 教えてください
このページのトップへ